さがのお宝発見フォーム

新着情報 一覧

ピックアップアーカイブ

国請寺跡  神社仏閣

国請寺跡 

高僧行基菩薩の足跡は、九州各地に散在するが、聖武天皇の天平10年(738)筑紫国巡歴の途中、若宮村牟田の地に立ち寄った。この地を一国一寺の大伽藍の地と定め、自ら本尊観世音菩薩を彫刻してこれを祀り、天台宗国請寺を創建した。 しかし、中世頃から住僧がしばしば転住して、寺院は次第にさびれ、観音堂だけとなった。...

サイト内検索

ご利用案内