龍泰寺 | さがの歴史・文化お宝帳

龍泰寺

所在地 佐賀市赤松町2-4
年代 中世
登録ID 2408

出典資料から記載

【山号】平安山
【宗派】曹洞宗
【本尊】釈迦如来
寺号は「龍造寺安泰」の意による。龍造寺隆信が少弐氏の館跡を選んで、永禄6年(1563)わが家の菩提寺とするために建立した。隆信はもと天台宗の僧籍から還俗して宗家をついだ人。かつて円蔵院の怪火を鎮めた大用和尚の法力を感じて、曹洞禅を信ずるようになったと伝わっている。天正12年(1584)隆信が島原(沖田畷)で戦死したので、この寺に墓所を築き、夫人や子の政家夫妻も葬った。その後龍造寺の血脈伝える村田家の歴代もここに葬られ、龍造寺ゆかりの寺である。その後隆信は宗龍寺に、政家夫妻の墓も高傳寺に移された。明治4年鍋島家において、多くの寺院に散在する龍造寺、鍋島両家の墓を高傳寺1か所に集めることになった時、隆信夫人も移葬され、龍造寺の系統としては村田家だけが残っている。またこの寺は佐賀藩士鍋島家の菩提寺であって、同家代々は勿論、明治、大正を通して偉大な政治家であった大隈重信の墓も境内にある。また重信の母堂三井子自ら寄進された自作の「蓮の曼陀羅」も寺宝となっている。
このように由緒ある寺だが、何度かの火災のため寺宝が亡失したことは惜しいことである。本堂は佐賀戦争で焼失を免れた佐賀城本丸の「玄関・式台等」解体されたものを大正初年頃この寺の本堂に改築されている。創建当時の壮大さと比べることはできないが、建物・境内とも巨刹(大寺)の偉容を保っている。
出典:あゝ佐賀城その歴史と周辺P65

地図

関連情報