二木(ふたつぎ)大明神

  1. 建造物
  2. 地蔵・銅像・石塔
  3. 検索結果
  4. 二木(ふたつぎ)大明神

二木(ふたつぎ)大明神

  • 二木(ふたつぎ)大明神
  • 二木(ふたつぎ)大明神
  • 二木(ふたつぎ)大明神

■所在地佐賀市巨勢町牛島上
■登録ID657

巨勢神社の記録に、立川一族が鎌倉から今泉村(牛島下)に来て勧請したものに小二接神(しょうふたつぎのかみ)があって、牛島の三関(構口公民館付近)にあったが、いつのころか射撃場北浦(桜団地付近)に移されたと書かれており、今(天保のころ)三関の南に小二接神の跡という広さ1坪、高さ3尺の土地があると記されている。いつ、ここに移ったか定かでないが、祠には二木と刻されており、この地を二次(ふたつぎ)と言います。二接神とは神様の御旅所のことだそうです。

出典:巨勢町見てあるきP.7