龍雲寺(曹洞宗)

  1. 旧佐賀市
  2. 日新校区
  3. 龍雲寺(曹洞宗)

龍雲寺(曹洞宗)

  • 龍雲寺(曹洞宗)
  • 龍雲寺(曹洞宗)
  • 龍雲寺(曹洞宗)

■所在地佐賀市八戸1丁目6-35
■登録ID444

 開山は、大用宗俊。1532年(天文元年)龍造寺家重が村中龍造寺家和の養子となった於保胤宗(後の八戸氏)の妻などを弔うために建立したということです。
「葉隠」の口述者、山本常朝は、1570年(元亀元年)に、龍造寺氏との争いで戦傷死した八戸宗暘の子孫です。常朝は、1719年(享保4年)に61歳で没しました。墓地には「旭山常朝菴主」と彫られた墓とその一族の墓があります。
 常朝の墓の背後にある顕彰碑は、葉隠研究家の中村郁一が建立したものです。
 また、ここには儒学研究の資料となる「多久安輝の墓誌」(佐賀市重要文化財)があります。
 龍雲寺一帯は、室町時代八戸一帯に勢力を誇っていた豪族於保氏(のち八戸氏と改める)の居館跡である。

出典:日新校区史跡ガイドマップ

地図