紅楽庵

紅楽庵

■所在地佐賀市東与賀町
■登録ID2970

江戸時代後期の佐賀平野独特の建築様式である「じょうご谷造り」で建造されています。
 庶民でも手近に求めることができた麦藁・蘆などで作られており、台風の被害ができるだけ小さくなるようにと低く、どっしりとした構造で、屋根の真ん中が落ち窪んで、穴が一点あるじょうごの形をした建物です。

出典:東与賀町勢要覧p5

地図