光楽寺

  1. 川副町
  2. 川副町
  3. 光楽寺

光楽寺

  • 光楽寺
  • 光楽寺
  • 光楽寺

■所在地佐賀市川副町大字小々森652
■登録ID1943

山号   崇徳山
本尊   阿弥陀如来
創設年代 広江庵(150年前)、崇徳庵(65年前)、光楽寺(昭和24年)
開基   慧天(広江庵)、哲章(崇徳庵)、芳哉(光楽寺)
沿革   はじめ慧天、広江庵をつくり、恵旭を経て、哲章の代に崇徳庵として、広江を中心に真宗教義を広める場とした。次いで、晃徳入寺して崇徳庵を教会とした。戦争で一時無住。昭和23年、住職が東与賀町妙福寺より入寺、教会を解散し、光楽寺を設立して、門信徒の教化育成に努める。
寺宝   六字名号(貞応癸二未五月善信の銘あり)

出典:川副町誌P.948

地図