江口 順一

  1. 人物
  2. 人物
  3. 検索結果
  4. 江口 順一

江口 順一

■所在地佐賀市諸富町
■年代近代
■登録ID1619

明治26年(1892)4月18日新北村大字為重(現諸富町三重)において、江口栄吉、カツの長男に生まれる。大正3年9月、東大法科大学政治科に入る。東大法科時代の同5年10月、文官高等試験にパスした秀才。同6年7月、同校を卒業後、大蔵属銀行局に入り、副司税官・南税務署長、司税官・玉造税務署長、南税務署長、税務監督局事務官・熊本税務監督局経理部長、税関事務官・横浜税関総務課長、税務監督局事務官・東京税務監督局間税部長、銀行検査官、営繕管財局書記官・国有財産課長、大臣官房文書課長などを務め、昭和14年5月、営繕管財局総務部長を最後に退官。直ちに東洋拓殖会社理事、同16年7月、樺太開発会社副社長、同18年6月、日本製鉄会社取締役経理局長などの要職に就き、将来を嘱望されていたが、昭和22年(1947)9月19日、東京都世田谷区で早世した。享年55歳。

出典:諸富町史P.1292