上新ケ江の若宮社

  1. 久保田町
  2. 久保田町
  3. 上新ケ江の若宮社

上新ケ江の若宮社

  • 上新ケ江の若宮社
  • 上新ケ江の若宮社
  • 上新ケ江の若宮社

■所在地佐賀市久保田町上新ヶ江
■登録ID1376

 国道207号線久保田宿の西交差点から南に行けば上新ヶ江の交差点がある。この交差点から西に行けば、道路北側に若宮社がある。
 八幡社の祭神は応神天皇で、その御子の仁徳天皇を祀ったのが八幡若宮と言われている。外に春日若宮もある。しかし、町内の若宮社がどちらであるか分からない。若宮さんの祭りは12月15日。朝、氏子の男たちが社に集まり、お神酒を頂く。夕方は家族揃ってお参りをし、酒食を共にしながら歓談した。
 また、2月1日は、百手祭りが行われる。当番は前日竹で作った弓・矢と、竹を組んで障子紙を張った直径2尺の的を作る。祭りの当日は、各自1年間の家族の安全・健康と作物の豊作を祈りながら矢を放ち、運勢を占う。
 旧暦の6月15日は、子どもたちによる豆祇園が行われていた。

出典:久保田町史 p.495〜496