若宮社

若宮社

  • 若宮社
  • 若宮社
  • 若宮社

■所在地佐賀市久保田町町東
■登録ID1365

 香椎神社文書の『由緒抜出』によると、「徳万町若宮社敷地六畝十五歩、抱宮、宮桎窪田因幡守、江原下総守、龍造寺山城守隆信、政家、高房公、右御代様より田地十六町御赦免…」という記録が見られる。現在の若宮社は、度々改築が行われているが、石造の神体には、「維時寛政十年(1798)戊午祀十一月神吉日」と刻字されている。拝殿前の常夜燈と狛犬には「万延元年(1860)庚申霜月吉禎日仲冬吉良日」などという字が刻されている。
明治34年(1901)にも社殿が新築され、昭和33年(1958)には明神鳥居が再建されている。
従来は、旧暦の6月13日を例祭とされていた。豆祇園であった。現在は、子どもの樽みこしなどで盛りあげている。

出典:久保田町史 p.485〜486