住吉神社

  1. 東与賀町
  2. 東与賀町
  3. 住吉神社

住吉神社

■所在地佐賀市東与賀町大字田中字五本杉1666-4
■年代古代
■登録ID1213

【祭神】表筒男命・中筒男命・底筒男命
【儀祭】例祭11月14日、春祭3月14日、秋祭12月14日
【社殿】神殿 流造 間口2間 奥行1間2坪、中殿3坪、拝殿7坪
【境内】184坪
氏子数600人、崇敬者 300人
法人登記 昭和21年10月4日
【由緒】社格 村社 明治7年3月
創始年代は応神天皇第15代の頃といわれるが詳かでない。この地は海辺であったために、時々潮水の害を蒙ることが多かったので、鎮護の神として斎きしたのである。
お祀りしてある御神体は、重要文化財の一つに数えられ、右に不動明王、左に太子、真中に観世音菩薩がある。不動明王は明和3年(1766)八戸町の石工古川弥六作で、太子像は文政12年(1829)11月21日とある。境内は町内の神社の中では広大で、総面積630平方メートル、御神殿とともに極めて豪華である。
広い境内には樹齢250年と推定される藤の大樹があり、本県の名木に指定されている。その他にも欅やどんぐり等の大木が生い繁り、春夏秋冬を通して参詣する人々の眼と心を楽しませてくれる。

出典:東与賀町史p1125

地図