八幡宮

八幡宮

■所在地佐賀市東与賀町大字下古賀乙807
■年代中世
■登録ID1202

【神社名】本地八幡宮
【祭神】応仁天皇
【社殿】建坪15坪
【境内地】167坪
【由緒】
創立400年ほど前とあるが、年月は不詳である。龍造寺隆信公がこの地を本地(本陣)として戦いをしたとのことで、本陣を祀って「本地八幡宮」という。病気や火災等の災難をよけるために本宮を創立したとのことである。
この船津八幡宮は、終戦前までに下飯盛八幡神社・住吉神社と共に東与賀村における三大神社として崇敬され、毎年盛大な祭典が挙行されていた。
八幡宮の現在位置は、旧位置よりも西北部に移動している。その際に飯盛八幡宮の古材を記念としてもってきて改造したらしい。それは昭和10年の頃である。

出典:東与賀町史p1114

地図