福寿山無量寺 | さがの歴史・文化お宝帳

福寿山無量寺

所在地 佐賀市兵庫町大字若宮1970
年代 中世
登録ID 611

出典資料から記載

曹洞宗 本尊 千手観世音菩薩
由緒 天正12年(1585)3月、中牟田七郎衛門は隆信に従って島原の役で戦死した。その子中牟田喜左衛門は、父の菩提を弔うために、かねて尊信した珠鎮和尚を迎えて開山とし一寺を建立した。しかし明治36年火災に遭い、堂宇を始め一切を焼失した。
当寺は中牟田家の開基で、その末裔故海軍中将子爵中牟田倉之助の発願で同年末、現在の堂宇が再建された。落成記念碑は本堂前東側にある。
出典:兵庫町史p202

地図

関連情報