大黒天

大黒天

■所在地佐賀市西与賀町高柳
■登録ID130

大黒天は仏教にとり入れられ、インドや中国では古くから寺院の守護神とされ、また、豊饒を司る神であった。
わが国でもはじめは護法善神として食堂に祀られていたが、大国主神との習合も見られ、江戸時代に入ると恵比須と共に福神の代表的な存在となった。

出典:西与賀の歴史とその周辺p29

地図