八幡神社

  1. 東与賀町
  2. 東与賀町
  3. 八幡神社

八幡神社

■所在地佐賀市東与賀町大字飯盛字一本松1009
■年代近代
■登録ID1215

【祭神】応神天皇・猿田彦命・大山津見命・菅原道真公・香語山命 雅彦霊神大日霊貴尊
【儀祭】例祭3月15日、6月15日、11月15日
【社殿】本殿 流造 1間半−2間 3坪、中殿 1間−2間 2坪、拝殿 2間−3間 6坪
【主要建物】参籠堂3間−6間 18坪
【境内】441坪
氏子数660人、崇敬者200人
法人登記 昭和21年10月10日
【由緒】
源頼朝が弟範頼をして、西国を平定せしむるや範頼は鶴岡八幡宮の分霊を奉し勧請されて爾来この地の産土神社として崇敬せしめたものである。
この八幡神社は、明治7年に上飯盛から御遷宮され、昭和3年11月3日遷宮50年祭を挙行した。同5年3月8日東与賀村の村社となり幣帛供進指定、同11年6月1日神殿、幣殿、拝殿の改築落成をした。
さらに昭和49年度には氏子崇敬者をはじめ、村内外の来賓多数が相集まって御遷座百年祭を盛大に開催した。

出典:東与賀町史p1127

地図