天満宮

天満宮

■所在地佐賀市東与賀町大字下古賀字土居副2373?4
■年代現代
■登録ID1207

【祭神】菅原道真公
【儀祭】10月25日、夏祭り8月13日
【境内地】33.37㎡
【由緒】
昭和33年12月の建立。子ども達がよく学びよく勉強して、将来村落の発展に貢献してくれることを念願して天満宮を祀った。村落の名称も梅と天神にあやかって「梅田」と命名されたという。
東与賀町でも、新しい村落であるので他の村落のように古い石像などはないが、境内の入口に身代観音を祀ってある。昭和49年7月に建てられたものである。当時3歳の女の子が交通事故でなくなったので、その慰霊と交通安全を願って祀られたものである。

出典:東与賀町史p1118

地図