検索結果

[佐賀市][久保泉校区][指定文化財][天然記念物]は1件登録されています。

  • エヒメアヤメ自生南限地帯

    エヒメアヤメの自生地は、史跡帯隈山神籠石(おぶくまやまこうごごいし)の列石線内にあって、別名タレユエソウと呼ばれているアヤメ科の多年性草木である。長さ15~20センチメートルほどの剣状の細長い葉を直立させ、葉間から10センチメートル内外の花茎(かけい)を出して、桜の散るころにアヤメの花を小さくしたすみれくらいの一花を開き、紫色のきわめて可憐(かれん)な花を咲かせる。 その分布は、もともと寒冷・乾燥の地を好む...