検索結果

「久保田町」「物語・いわれ」「物語・四方山話」は3件登録されています。

  • 矢櫃の森と香椎宮

     高倉天皇の安元元年(1175)、窪田の地頭因幡守藤原利常は諌言により、筑前国香椎に蟄居させられた。利常は深く香椎宮を尊信し、1日も早く其の冤罪が解けることを祈り、その願いが成就したときは、窪田郷に香椎宮を勧請し永く祭祀することを誓った。  その願いがかない、ほどなくして罪を赦されて窪田に帰ったある夜、筑前国香椎宮より白鳥が飛んできて、庭に降り立った夢を見た。不思議に思った利常は、翌朝起きて庭先を見...

  • 沖祇大明神

     慶長年間(1596−1615)、1人の年老いた漁師が、毎日、漁にでては、今の神社の辺りに舟をつないで上陸するのを習慣としていた。いつも舟でそこまでくると葦のなかから光るものがあったので、上陸地点を間違うことはなかった。老漁師は沖の島さんを熱心に信仰していたので、その神さまの霊がその地に降りてきて導いたのだろうと評判になった。  あるとき、領主の龍造寺政家公が巡視にこられたとき、その話を聞き、感心してこ...

  • 福地ノナの最期

     戦国時代の北九州は、龍造寺隆信が支配をしていた。ところが天正10年(1582)島原の有馬氏は隆信に従わず島津氏と通じたため、天正12年3月24日、隆信は2万5000余りの大軍を率いて、有馬・島津の連合軍を島原に攻めた。  島原沖田畷の戦いは兵力で圧倒的に優位に立っていたが、運命の神は隆信には味方せず、龍造寺軍は散々に打ち破られていた。覚悟を決めた隆信は、自害をしようと腰をおろしたが、側近の家来たちも散り散り...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl