検索結果

「久保田町」「産業」「道具」は2件登録されています。

  • 延犂(はえすき)

    (延)はえるとは、横に長く寝そべった様をいうが、この「はえ犂」はまさにそれを絵に画いたような犂である。稲刈りが終って裏作麦の畝つくりのために、まだ湿った泥土状の水田にこの犂を入れる。犂床は60cmほどと長い。このため沈まず安定する。先端の犂先は鋭角で土を切り裂いてそのまま左に返す。古老の話によると「羊羹を薄く切り裂くゴタ要領」という。切り幅は何せ重粘土壌なので、幅は10cm以内でせまくする。大きく切る...

  • 塊返し犂(くれがえしすき)

     この犂は裏作の終った畝をとり崩し、やがてくる田植のための準備にかかる。畝を立てる「延犂」とちがって、畝を崩すのだから、何も懇切丁寧な周到さは要らない。それに秋の収穫が終った時期で土壌も乾燥しているから、大きく犂き崩していけば良い。そのため「はえ犂」のような犂としての細い周到な細工は要らない。とも角麦畦を大きく犂き崩して、平らな田を目指せば良い。

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl