検索結果

「久保田町」「民俗・芸能・習俗」「民謡・方言」は2件登録されています。

  • 新地節

     有明海沿岸一帯の豊かな土地はすべて埋め立てによるもので、先祖たちが汗を流した干拓事業の成果である。 当時は現在のように近代的な機械による作業ではなくて、すべて手作業による難工事で、少しでも楽しく作業をするために労働歌が生まれた。   ♪新地土堤から沖島さん見れば 可愛いコラショ    お春ちゃんが潟にのう    どうして新地にゃ来た ロレロン    難儀のつらさに来た ロレロン アラサ アラサ  

  • 酒造歌

     日本酒は複雑な作業をへてできあがる。できあがるまでにはたくさんの工程があり、昔はすべて杜氏の経験と勘による手作業であったので、作業に応じて歌があった。   もとつき歌 蒸し米、酵母、水を加えて混ぜるときに歌われる。    ♪やれよンヤンコンヤンコ     胸に鈴さげては春はこがれよ 伊勢さまへ それなし参りても御本社が知れぬ     どちら御本社を拝むやら それなし参りつめ げんごさまへ行く   ...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl