検索結果

「久保田町」「民俗・芸能・習俗」「行事」は15件登録されています。

  • 八天さん参り

    1月4日ごろに火の神さま八天神社にお参りに行き、お札をうけてくる。

  • 鬼火焚き(ほんげんぎょう)

    オネビ焚きともいって、1月7日の早朝、庭で竹や藁を燃やし1年の災難よけにした。旧年の災厄を焼き払って新年を迎えるという意味が込められているのだろう。前日までに嘉瀬川の堤防の竹やぶから青竹を伐ってきて、やぐら状に組み、中にワラを入れ燃えやすくする。当日は他の家より早く起きて行った方が効果があるとされ、また、竹の弾ける音が大きいほうが鬼が驚いて逃げだすといわれた。年徳さんの餅は、7軒の鬼火で焼いて...

  • もぐら打ち

    1月14日の夕方に子どもたちが行う作物の豊作を願う予祝行事の1つである。1間(1,8m)ほどの木や竹の先に、藁を束ねた槌状のものをくくりつけた、もぐら打ち棒をつくり、家毎に廻って庭先で歌に合わせて打ち歩き、お礼に餅を貰う。  もぐら打ちが終われば、もぐら打ち棒を折って柿の木にかける。朝、行う集落もある。  田地を荒らす、もぐらを追い払い、成木に多くの実がなるようにとの願いがこめられた行事である。  「な...

  • 裸ん行

    1月18日に酒造業の杜氏たちは、フンドシ1つの裸になり、数人が連れ立って小城の清水観音参りをし、滝に打たれて寒行をしていた。この頃、茶講内で、女性が清水さん参りをする集落もある。

  • 百手

     的を弓矢で射て、五穀豊穣、家内安全、無病息災などを祈願する行事で年初に行う。現在は、2月1日に上新ヶ江の若宮神社で行われるのが唯一となっている。的は直径約60cmほどで、竹を組んで紙を張り墨で円を描く。10mほど離れた所から、1人、3本の矢を射る。的に当たれば豊作、はずれると注意を要するといい1年の吉凶を占う。

  • ひな祭り

     3月3日に女の子の健やかな成長と幸せを祈る行事として行われる。ふつ餅や節供だごをつくり、タニシを食べる風習があった。初節供には嫁の実家から贈られたひな人形を飾り親類や近所の人を招いて、お祝いをする。

  • 潮干狩り

     旧暦3月から4月の新月、満月の大潮の時に、有明海の沖合に出て潮干狩りをしていた。嘉瀬川筋の久富御番所、福富宇治端、下新ヶ江三丁樋尻などから船出をする。午前中に舟を出し、日中、貝や小魚をとり、夕方ごろ満潮で帰ってくる。男女打ちそろって、芸者や舞子を乗せ太鼓や三味線で賑やかに酒盛りをしながら行われていた。

  • 堀干し

     金肥が豊富でないころの自給肥料といえば、堆肥、緑肥、糞尿であったが、もっとも手近な肥料のひとつに、堀のゴミ(泥土)があった。田を肥沃にするために堀のゴミを田にあげていた。あげた回数で金の分配がなされていたので、堀干しが終わったら、金を出し合い、部落長のところでシミャアゲ(終い祝い)をしていた。

  • さなぼり

     さなぼいともいう。田植えの無事終了を田の神に感謝する行事で、チャーキ(馬の鞍)をマガ(馬鍬)の上にのせ、床の間に飾り・さなぼり餅(あん餅やよごれ餅)・なます・豆腐などの料理を供えた。葦(当地では、ヨシという)で箸をつくり添えて、これで、ヨシとするところもある。料理は馬使いが酒を飲みながら食べた。また、餅は田植え加勢を受けた家に配り、ゆっくりと休み、嫁は里帰りをすることもある。

  • 沖の島参り

     旧6月19日に有明海の孤島・沖の島に沿岸の集落から行く。提灯やのぼりを飾りつけた船に乗り込み、浮立を囃しながらの沖の島参りはたいへんな賑わいをみせる。

前の10件1 | 2....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl