検索結果

「久保田町」「遺跡・史跡・跡地」「跡地」は2件登録されています。

  • 御番所跡

    久保田邑主村田家に出入りする御用船の船着場で、邑内の米の搬出や他藩との交易は舟によるところが多く、久富にはそれ等の舟や人々の出入りを監視、取り締まる役人を配置していた。これらお役人が駐屯していた建物を御番所といった。

  • 思斉館跡

    久保田邑主10代村田政賢は、藩士の子弟の教養を高めるために、天明元年以前よりあった学問所を増築しました。政賢の嫡男11代領主村田政致は、先代に続いて学問所を改善拡大し、天明4甲辰の年(1784)に思斉館と名付けました。

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl