検索結果

「久保田町」「神社仏閣」「寺」は22件登録されています。

  • 恵日山 永福寺

    宗派 臨済宗南禅寺派 本尊 聖観世音菩薩 由緒 開山大興和尚と伝えられている。寺院明細帳には文明15年(1483)小城三間寺円通寺末寺として第4世覚海閑悟和尚が設立に寄与したとある。明治初期勝前寺を合併した。

  • 長寿山 保福寺

    宗派 臨済宗南禅寺派 本尊 薬師如来 由緒 開基は天正年代(1573〜92)、龍造寺隆信によって建立されたと伝えられる。当時は十三軒寺ともいわれた。保福寺文書には龍造寺政家の黒印状、馬場赦免証文案、村田安良屋敷地寄進状など、村田氏の手厚い保護を示す書状が伝えられている。現建物は昭和52年改築、本尊の釈迦如来は昭和59年、檀徒の淨財で修復された。

  • 王子山 三学寺

    宗派 天台宗 本尊 聖観世音菩薩 由緒 創建は不詳 奈良時代の終わり頃、風水害防除のため、僧仁海(雨僧正)が三学寺を創建させたと伝えられる。この寺は戦国動乱で数度の火災に遭っている。明治時代の寺院帳には次の記述がある。        1、由緒 宝永6己丑年(1709)旧佐賀藩主親族村田八助久祖村田政利為          祖先本寺14代治節ヲ請開山一寺建置ス        1、堂宇間数、本堂3間27間、仏間2間...

  • 醫王山 願福寺

    宗派 天台宗三学寺末寺 本尊 薬師如来 由緒 創建不詳 元亀・天正のころ兵火により灰燼になったとの伝えあり。現在の寺院は大正時代初期の再建とみられる。 

  • 彦隆山安養寺 西持院

    宗派 天台宗山門派 本尊 阿弥陀如来 由緒 開山は彦山権現の山座主六ヶ坊の触山伏覚鎮法師、永里盛秀が建立と伝えられているが、創建年など不詳。近世の初頭この地方の修験本山派山伏の法頭職を勤めたといわれる。享保17年(1732)火災焼失した。 寺宝 応永11年(1404)銘大般若経の写経本 墓地 宮中寄人歌人千葉胤明、富永佐渡守盛久の墓石、供養塔がある。    明治の寺院調には堂宇 5間24間、境内坪数 230坪 檀徒...

  • 林泉山 真光院

    宗派 天台宗 本尊 不動明王 由緒 創建不詳 天文年間 龍造寺隆信開基。開山は玄清部の盲僧と伝う。 九州三十六不動霊場第29番札所として知られている。

  • 二王山 本能寺

    宗派 日蓮宗 妙福寺末寺 本尊 釈迦如来 多寶如来 日蓮六菩薩 由緒 創建永享2年(1430)と伝えられる。 寺院帳に堂宇 3間ニ3間半、境内 423坪 檀徒人数 200人とみえる。

  • 昌永山 龍光寺

    宗派 日蓮宗身延山派 本尊 十界本尊曼荼羅 由緒 永享2年(1430)10月、塚原大隅守平清房、英僧日親上人の教化を得て、館を寺とした。天保時代(1830〜44)火災に遭うも、時の和尚の力により本尊、過去帳等を持ち出した。 寺宝 日賢上人曼荼羅、日重上人曼荼羅、日乾上人曼荼羅、日遠上人曼荼羅、釈尊大涅槃絵 当寺三三世慈福院日正上人朝廷下賜五条、藤原益宣寄付状(古文書1通) 境内 西原大明神堂、昭和2年当時35世慈...

  • 永明庵

    宗派 浄土真宗本願寺派 本尊 阿弥陀如来 由来 不詳。初代住職は乘山將幢といわれている。現在本寺には佐賀市嘉瀬津の淨円寺一族が居住、ここ40年間無住である。   

  • 龍洞山 大雲寺

    宗派 曹洞宗 龍泰寺末寺 本尊 釋迦如来 由緒 宝永6年(1709)邑主村田政種が、龍造寺政家の菩薩を弔うため、久保田元小路に建立されていた多福庵を改築し、佐賀の龍泰寺14世治節和尚によって新たに開山した。以後歴代邑主の菩提寺となった。 墓地には邑主の墓石のほか、「江口保定君墓碑銘」の石塔がある。江口保定(梅定)は西洋医学を学び明治4年好生館教諭から院長となった名医。中林梧竹の書で明治39年4月建立されてい...

前の10件1 | 23....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl