検索結果

「東与賀町」「物語・いわれ」「物語・四方山話」は3件登録されています。

  • 婦人会活動

    上町の公民館は若宮さんの社殿に続いて、床の間あり広縁付きの明るい建物である。これは本村出身故木下文次(陸軍中将)の隠居部屋(佐賀市愛敬島)を譲り受けたものである。この公民館と社殿を活用して、村の諸行事や婦人会・青年団の活動がなされたのである。特に婦人会は東与賀村でも戦前・戦中・戦後を通じて屈指の模範支部であった。故山口コト会長を中心に会員一同は相協力して、共同菜園作業・托鉢・遺家族慰問の外、農...

  • 焼夷弾による爆撃

    中村村落での一番の悲劇は、昭和20年8月5日午後8時頃アメリカ空軍より受けた焼夷弾攻撃である。被害を受けた家屋と人名は次の通りで、ほとんど全焼であった。 富吉政一・石丸六次・山口平八・高松秀次・山口金吾・石川虎六・古川明 この時B29の約十数機の編隊は、中村の西南方面より飛来し来り、東与賀小学校の方向へ去ったので多分学校を軍需工場と見て、襲いかかったのであろう。ボタンの押し方が多少早かったためか、風速や...

  • 本土井と野狐

    大野地先の本土井付近から白島(しらとう)や隣町の佐賀市西与賀最南端は、昔から草原と笹薮に覆われた海岸堤防に囲まれていたために、野狐の生息地ともなった。古老の話では明治初年から2、30年の頃にかけて最も多く群をなしていたらしく、終戦(昭和20年)後も大野神社の裏道辺りまで1匹2匹と仲間をつくり痩せ細った姿を見せることもあったとのこと。この狐群は人間に危害を与えるよりも、民家に飼っている鶏を取るために出て...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl