検索結果

「東与賀町」「建造物」「地蔵・銅像・石塔」は6件登録されています。

  • 山の神

    下飯盛の集落入口に、大神宮・庚申などの石祠にまじって「山神社」「山神」と刻んだ神祠が2基ある。建立年は不明であるが、1基に「地蔵十一世 元春代」の銘がある。元春は天明8年(1788)に地蔵院11世住職を継いでいる(鍋島文庫 曹洞宗由緒)。 平野部における山の神信仰は、山村に住む民の信仰する山の神と違い、農耕神としての信仰がある。春、農耕の始まりに山から里に下って田の神となり、稲の無事生育を見守り、秋の収穫...

  • 鳴神

    中村の氏神社八幡宮境内に「鳴神さん」と呼ばれる石像物がある。鳴神とは雷神のことで、像形は連鼓を背負いバチを両手に持った鬼が雷雲に乗った姿で描かれている。 雷光をともない激しい雨とともに鳴りひびく雷は古くより恐れられていた。雷のもたらす雨は稲の生育にかかせないもので、雷光をイナズマ(稲妻)・イナビカリ(稲光)というように稲に豊饒をもたらす信仰があった。 一方、落雷による被害も恐れられ、その基底には...

  • 読誦塔

    特定の経典を一定回数読誦した記念に建てたものに読誦塔がある。すなわち経典を何部または何遍読誦したかを銘文に示したもので、一千部あるいは五千部などと刻まれている。 対象となる経典はいろいろあるが、東与賀で見られるのは「大乗妙典」つまり法華経を読誦したもので江戸期に建立されたものが多い。

  • 念仏塔

    浄土教では「南無阿弥陀仏」の名号を唱えることによって、誰でも極楽往生ができると説かれ、浄土教系の浄土宗・浄土真宗・時宗といった教団を通じて広まった。 大野一区に、阿弥陀如来の坐像と6字の名号を彫った寛文6年(1666)の念仏塔がある。 また、念仏を数多く唱えれば、それだけ多くの功徳が得られるという思想により百万遍念仏、二百万遍念仏が行われるようになった。その行法は2種ある。一つは一人が日を限って念仏を百万...

  • 屋敷神

    屋敷地の一隅に祀られている神がある。稲荷・恵比須・中央・水神などまちまちであるが、旧家には中央神を祀っているところが多い。駒型・角柱型の石の中央に「中央」「中央尊」と刻んだもので俗に「チュウオウサン」と呼ばれており、艮(北東)または戌亥(北西)隅に祀られている。その取扱いは丁重でも粗末でも良くないとされ、正月や盆に花や餅を供えるぐらいであまりかまわなかった。 中央神の性格は明らかでないが、屋敷を...

  • いぼ地蔵さん

    この村の東端にある三界万霊の地蔵堂は、安永4年(1775)10月吉日の建立で以前は町道の東部へ突き当たりの堀岸にあったが、現在地に移転改造築になったのである。お地蔵さんの眉の間に大きい「いぼ」があるので「いぼ地蔵さん」の愛称がある。このお地蔵さんは子ども授けの神として尊敬され、お詣りして子宝を恵まれた実例も多いと聞く。それでこの近隣だけでなく他の町村よりも遠くは小城の三日月からも参詣者があるとのこと。現...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl