検索結果

「川副町」「指定文化財」「史跡」は3件登録されています。

  • 三重津海軍所跡

     歴代佐賀藩主の御用船を置く船蔵があったところ。最後の藩主鍋島直正は海軍保有の大切さに気づき、弘化4年(1847年)この地に佐賀藩海軍所を創設し、佐野常民を所長として多くの海軍兵士を養成した。日本最初の蒸気船「凌風丸」もここで建造されたが、明治4年(1871年)廃藩とともに閉鎖された。  その後、明治35年(1902年)佐賀商船学校がこの地に設置され、昭和7年(1932年)同校が廃校になるまで、700余名の優秀な海員を...

  • 燈堂

    戦国時代の勇将、龍造寺隆信(1529〜1584年)は、豊後の大友氏に内通した家臣に追われ、筑後柳川に近い一木村に身をひそめていた。天文22年(1553年)ひそかに水ケ江城奪還を企てていた隆信は、鹿江兼明らの船に乗り、犬井道地先の燈堂に上陸した。当時この辺一体は葦の生い茂った海岸で、航路の安全を祈る灯(燈=あかし)をつける堂があったことからアカシドウと呼ばれている。  上陸後、破竹の勢いで周辺の諸将を降した隆信...

  • 此荷大明神

    西川副小学校から南西方向に約500メートル、田畑が広がるなかに、ひっそりと立つ小さな祠がある。「此荷大明神(このにだいみょうじん)」と刻まれたこの祠には、戦国時代の勇将、龍造寺隆信にまつわる次のような言い伝えがある。  筑後一木村(今の福岡県大川市一木)に身をおいていた隆信が天文22年(1553年)再起を期して、海路から犬井道の燈堂に上陸したあと鹿江の威徳寺に入り、軍備を整えたとき、この地に軍荷を置いたと...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl