検索結果

「川副町」「指定文化財」「有形民俗文化財」は2件登録されています。

  • 鳥類供養塔

    米納津集落の北東部に御屋敷内と呼ばれ、四方を堀で囲まれ、竹林が生い茂った所があった。この辺り一帯は、多くの鳥類が棲んでいたので狩場となっていた。 鳥類供養塔は、狩猟の犠牲となった鳥類の霊を慰めようと享保14年(1729)2月28日に、鳥類殺生の業生転滅をはかって建立された。業性転滅とは、鳥類はそのままでは回向できないので、鳥類の業性を転滅した後に回向をする意味だという。  八角形の基礎石の上に建てられた石...

  • 佐賀県内農耕生活用具 五一二点

    昭和40年頃から佐賀県農業試験場によって、県内の農具類、生活用具、古文書類の収集が進められ、その収集資料は約2000点にのぼっている。江戸中期から昭和初期を中心とした資料は体系的に整理され、常設展示されている。 これらの資料は、馬耕農地帯の佐賀平野、人力中心の白石平野・東松浦郡一帯の資料をはじめ県内各地の農耕生活用具であり、その原形をよくとどめている。特に、佐賀平野のクリーク地帯特有の「クリーク農法」...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl