検索結果

「川副町」「産業」「漁業」は7件登録されています。

  • 潟漁

     犬井道潟、大詫間潟を主漁場とし、白石や柳川の蟶探りも時により出漁した。地元漁場では干拓の先端から、押板に押桶を乗せて出漁し、あげまきの徒手採捕、むつ釣り、むつ掘り、ワラスボ掻き、鰻掻き、メガジャ掘り、マテ掘りなどがふくまれた。このため干拓の海岸堤防には「降り口」という階段が数カ所造られ、付近の堤防には、押板や押桶が格納されていた。

  • 洲のもん捕り

     日本一、潮の干満の差の大きい有明海でも、特に湾奥部の当地が最高であるため、冬期夜間の大潮干潮時には、沖合の洲(デルタ)が干出し、たいらぎ、赤貝、あかにし、えにしなどが姿を見せる。また蟹や鯊、蛸なども採れる。漁民は潮の引きがけに、一隻の船に数人ずつ乗り合わせて漁港を下り、遠くは10kmも離れた洲まで、羅針盤も灯台もないまま潮の流れや、海底の土質、深浅などを頼りに目的の漁場に漕ぎつき、錨を下ろして潮待...

  • 海茸と鰻

     洲や潟の中間地帯、川岸の砂気の多い潟地などにいるのが、海茸や鰻である。  海茸は「サシオイ」という杉材を大根のように削り、上部に横20cmぐらいの柄をつけたもので穴を広げ、徒手採捕するが、大正時代からは、樫の棒の先に15cm程の鉄の金(捻じ金)を取りつけて、これを船の上から、海中の泥土に突っ込み、一廻しして海茸を横金に引っ掛けて、垂直に船に上げる「海茸捻じ」なる漁法も現れ、今日まで続いている。捻じ棒は、...

  • シオマネキ(マガニ)

     ガン漬蟹である。川岸や干拓の潮遊びの芦の中に棲息し、紫や青の甲羅に、鮮やかなピンクの腕、特に雄蟹の片方の腕が大きく、潮際で雌に会えば、この腕を上下して示威する様を潮待ちして潮を招くものと思い「潮招き」の名ができたものである。  原産地は東南アジアで、日本では徳島県、和歌山県あたりが北限と言われる。有明湾や、不知火海にも棲息しているが、食用にカニ味噌として有名になしたのは当地だけである。しかし、...

  • 筌羽瀬 (ウケハゼ)

     明治43年から漁業県税の対象となっており、いつ頃からこの漁法があったのかさだかでない。  小笹や芦で編んだ簀(す)をつかって高さ1尺から2尺の垣をつくり下に筌をつける。  かに、むつごろう、えび、はぜ、わらすぼなどが獲れる、潟羽瀬は垣を泥で築くが、後には泥で築いた土手に低い芦簀の垣をした。今日なお僅かの人が営んでいる。

  • 海苔養殖の歴史

     有明海の佐賀県沿岸が海苔畑になって、かれこれ50年。その間の成長ぶりは他県にないユニークな試み、よその産地で見られない独自のプロセスが佐賀海苔を名実ともに日本一にした理由である。 【水揚げ高日本一(6年連続) 平成15年〜現在・ 川副町のシェアー45.3%】  それは、有明海という恵まれた漁場環境に加えて、常に海苔を育てる漁家と漁連・県・大学が一体となって海苔づくりに取り組んできた軌跡からもうかがえる。...

  • 龍造寺隆信公と網漁業(立切網・はじさし網)

     天文20年(1551)、豊後の大友宗麟に内通した家臣等に水ヶ江城を攻囲され龍造寺隆信公(1529〜1584)は、柳川城主蒲池鑑盛を頼って落ち延び、筑後柳川に近い一木村に身をひそめた。 天文22年(1553)ひそかに水ヶ江城奪還を企てていた隆信公は鹿江兼明らの舟に乗り込み犬井道地先の燈堂に上陸した。当時、この辺一帯は、まだ葦の生い茂った海岸で、航路の安全を祈る灯りをつける堂があったことからアカシドウと呼ばれている。...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl