検索結果

「川副町」「神社仏閣」「寺」は35件登録されています。

  • 妙楽寺

    山号   不可称山 本尊   阿弥陀如来 創設年代 弘治元年(1555) 開基   慶善 沿革   伝えられるところでは、もと行基菩薩が、薬師如来を本尊として、現在の久保泉町妙楽寺集落に建立したといわれる。寺屋敷、堂浦などの地名や、座禅の石が残り、妃浦千軒といわれた大集落が山津波で寺もろともに流されたという。  その後、弘治元年、深川伊豫守行貞の伜2代目正五郎伊豫守が、大阪石山本願寺で改宗して真宗となり、...

  • 正念寺

    山号   寂静山 本尊   阿弥陀如来 創設年代 天正年間(1573−91) 開基   証念 沿革   中村左近、同右近の兄弟の武将があり、もと鰡江の豪族であったが、のち、兄左近が宗門に帰し、一寺を建立して、中村を号した。5代梅春のとき、正念寺と改称して、寂静山とした。10代梅春、法官飛檐となる。 宝物   二重に建てられた鐘楼は、名工の作と伝えられる。

  • 妙恩寺

    山号   貞栄山 本尊   阿弥陀如来 創設年代 明暦元年(1655) 開基   圓海 沿革   今川了俊の嫡子定良駿河守が河副郷を領していたが、その三男内蔵之蒸が早死したので、内室妙恩尼が菩提のために、一庵を結び、昌壽院と号した。ときに漸く広まりつつあった真宗に帰して、宗栄と法号した。その子圓海は、母の名をとって寺号とし、第1世となる。  近くの東崎ヶ江(下早)に地蔵堂があって、その傍に妙恩尼の墓が現在する。

  • 真照寺

    山号   興隆山 本尊   阿弥陀如来 創設年代 文禄2年(1593) 開基   浄元 沿革   犬井道周辺地区では最も古い真宗寺院である。藩政時代、藩主の有明海方面への狩猟の際には、本寺が休憩所となった。明治32年、11世唯照代に本堂再建、14世円海代に庫裡が改築された。

  • 正法寺

    山号   常宣山 本尊   阿弥陀如来 創設年代 不詳 開基   教運 沿革   教運は寛永13年(1636)寂したが、2世寿宣が本山に願って、木佛、寺号の下付を受けた。慶安3年(1650)には、祖師、聖徳太子、七高僧の御影を賜わり、延宝4年(1676)良如御影を本山から受けた。8世唯然の代に寺堂再建、さらに15世是心代に大正9年本堂の屋根を瓦葺きに改める。16世大縁代に昭和8年庫裡の大改修を行う。

  • 明蓮寺

    山号   不可説山 本尊   阿弥陀如来 創設年代 天正4年(1576) 開基   長西 沿革   はじめ三論宗として創建された本寺は、現在の地より北の方約1000m付近にあったと伝えられており、今日も寺跡をとどめている。樹上大明神の神官が出家してこの寺を開いたというが、寺号は不明である。天正4年、真宗に帰して明蓮寺を称した。現在地の堂宇は、天保2年(1831)に焼失、弘化4年(1847)第12世大厳代に再建された。 寺宝  ...

  • 浄教寺

    山号   大光山 本尊   阿弥陀如来 創設年代 寛永年間(1624-43) 開基   西安 沿革   佐賀藩に仕えた内田正右衛門の家系から出た内田掃部入道が本寺を創建して、西安と称した。神埼郡箱川大念寺を本寺とする本末関係にあった。文化年間(1804−18)14世冠雪が出て寺の中興に尽くした。天保13年(1842)に厳修された巡番報恩講が不作の年に当たっていたので、代官所から特に参詣があったという。大正13年本堂庫裡を再建し...

  • 円融寺

    山号   慈光山 本尊   阿弥陀如来 創設年代 寛永年間(1624-43) 開基   了専 沿革   内田舎人正右衛門兄弟が鍋島家に奉公し、数百石を得ていたが、舎人が故あって浪人となり、孫内田安右衛門が出家して、了専と称し、当寺を創めた。 昭和50年、本堂新築成る。  12代晄融は、北米開教総長、本願寺布教研究所長等を歴任、晩年は自坊で、門信徒や有縁の教化に尽くした。 【内田晄融(第12世)】内田曇叡の長男とし...

  • 善通寺

    山号   筑波山 本尊   阿弥陀如来 創設年代 天正年間(1573−91) 開基   善慶 沿革   もと、常陸(茨城県)筑波山の衆徒三千坊の首、六坊の随一として、天台宗に属した。平将門の承平の乱に連座して、筑紫へ配流された。以後、現諸富町大堂宮(祭神平将門)と関係深く、六所大明神の一といわれ、明治初年の神仏分離までは、当寺に預かった大堂宮の鍵を住職が行列を組み持参し、神殿の扉を開いて、祭礼がはじまったという...

  • 浄安寺

    山号   無極山 本尊   阿弥陀如来 創設年代 慶長3年(1598) 開基   浄元 治革   関ヶ原の戦いの2年前に創建される。寛永4年2月26日に寺号を賜った。現在の本堂は文化6年(1809年)再建に着手。9年の歳月を経て完成。その間、佐賀藩主や家老職等が、毎年数回有明海沿岸視察の折、来山し宿泊した。その時の地区内の宿舎割や献立に至る細部の記録が一時期まで保存されていたようだが、現在は紛失している。当時は山門...

前の10件1 | 234....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl