検索結果

「川副町」「建造物」「学校」は6件登録されています。

  • 米納津学校

    米納津学校(早都江小学校分教場)  明治5年8月学制が公布され、旧藩時代の寺子屋私塾は、学区制にもとづいて併合し、そのまま小学校に編成された。  明治7年には、中津(知新)、南里(啓蒙)、久町(三省)、道免(九思)と集落小学校が開設された。  明治8年11月11日、早都江小学校が設立され、明治14年4月米納津分教場が設けられ、(松林孝政氏宅北)下等学科が置れ生徒の教育がなされた。  明治43年10月1日小学校を現在...

  • 川副中学校

    1.川副高等小学校 ① 福富(現在の中川副小学校北側) ② 組合立川副高等小学校(川副7ヶ村) 北川副村、東川副村、新北村、中川副村、西川副村、南川副村、大詫間村 ③ 明治20年3月設立 ④ 大正5年3月廃校 2. 佐賀県立佐賀商船学校 ① 明治35年4月1日 佐賀商船工業学校として設立 ② 明治43年4月1日 佐賀商船学校となる ③ 昭和8年3月 廃校 〇昭和31年9月30日 南川副・西川副・中川副中学校を廃止。 〇昭和33年10...

  • 南川副小学校

    (振起小学校) 〇明治7年4月19日 元田中村の内、旧領主貯蔵米倉庫跡(現南川副支所)に開校し、振起小学校 と称する。 〇明治11年 学区改正で江上学区と称する。犬井道小学校と改称(12年1月) 〇明治12年 江上学区を廃し、犬井道学区と称する。 〇明治15年 学制改正により中等公立学校となる。 〇明治17年 学区の改正で、佐賀郡は6区に分かれ、6番学区となる。 〇明治19年 犬井道分教場となり、中等4...

  • 西川副小学校

    〇明治7年 南里(啓蒙)小学校で南里全村、東古賀、米納津の生徒を道免(九思)小学校は 西古賀、鰡江、道免、鹿江の生徒を、また、久町(三省)小学校では久町、小々森、 舟津広江波佐古の生徒を収容するため3ヶ所にそれぞれ小学校が創設された。 〇明治14年 米納津が分離し、早都栄小学校に合併 〇明治17年 東古賀が分離し、早津江校に合併 〇明治18年 学区改正により元川副郷(西川副、大詫間...

  • 大詫間小学校

    〇明治8年 上ノ小路の旧藩時代の郷庫を校舎として開校。 〇明治9年~13年 社会情勢悪く、上・中・下の三小路に分散して寺子屋式授業となる。  〇明治14年 中ノ小路の民家を借りて訓蒙小学校と称し、下等科の授業再開 〇明治16年 大詫間小学校と改称し、初等中学科設置 〇明治19年 校舎建築(元大詫間役場「現農協支所」) 〇明治20年 盈進小学校(早津江)の分校となり、初等科の教授をする。 〇明治23年 川副6番学区の...

  • 中川副小学校

    ○明治7年 中津厳島神社に中津(知新)小学校が設立され、吉村、中津、和崎、八龍       (下早の一部)の生徒を収容し、下等課を授く。明治17年3月まで他に付属すること       なく、独立小学校として設置された。 〇明治8年 現在の中川副公民館の場所に早都栄小学校設立。早津江津、早津江、弟子丸、 崎ヶ江、福富の生徒を収容 〇明治14年 米納津に分教場を設け、下等学科を置く。 〇明治15年 学...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl