検索結果

「川副町」「神社仏閣」「その他」は2件登録されています。

  • 龍造寺隆信の画像と陣太鼓

    龍造寺隆信は、織田信長・上杉謙信・武田信玄・大友宗麟・島津貴久等とともに戦国時代同時期の武将。6歳で出家、17歳で還俗し水ヶ江城主になる。22歳の時筑後一木村に退去。24歳の時2回目の水ヶ江城奪還を企てる。海路からアカシドウ(燈堂)に上陸し、鹿江の威徳寺に入る。ここで川副・与賀郷の将士三千余名の協力を得て挙兵した。  威徳寺には寺宝として、龍造寺隆信の法体の肖像画と隆信が使用したといわれる「陣太鼓」があ...

  • 正傅寺の半鐘

     天和元年(1681年)建立された正傅寺に伝わる半鐘は、天和3年(1683年)に製作されたもの。植木善兵衛政往の作であり、銘文の撰は佐賀藩の儒学者として有名な石田一鼎である。  銘文には、大詫間の成立の経緯、大潮や風水害との苦闘など開拓の歴史が記してある。また、この釣鐘を鳴らし経を唱えて、慶安3年(1650年)の災害による死者の霊を弔ったことも刻まれている。

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl