検索結果

「三瀬村」「産業」「道具」は27件登録されています。

  • 田おこしのとき、牛、馬に引かせる。(近代は耕運機使用)

  • 田畑を耕し、地ならしをする。

  • まが

    田植の時、地面を平らにするため、牛、馬に引かせる。(平まが→回転まが→耕運機)

  • がんづめ(くまで)

    一番草取りの時、中掛と除草をかねて使う。(手打→田押車→農薬除草)

  • 竹筒

    虫取り(めい虫、うんか)の時、竹筒に鯨油を入れ、水田面におとし箒(ほうき)で稲を払い 虫取りを行なった。 (近代は散粉機を使用し農薬を散布→手回散粉機→動力散粉機)

  • 千歯

    脱穀用の道具で、歯が平らな稲こぎ用と、歯の丸い麦こぎ用と2種類がある。  昔はこぎ箸(竹で作ったからはし)で脱穀していた。  こぎ箸による脱穀作業は、もっぱら女性に頼っていたので、新しく出現した千歯は〝後家倒し〟とも呼ばれていた。 (近代は足踏脱穀機→動力脱穀機→自動脱穀機と移行した)

  • 稲刈り、草刈り作業は鎌によって行なわれたが、近代になって稲刈りに″バインダー〟草刈に動力草刈機が出現した。

  • 鬼歯

    裸麦の脱穀、大豆、小豆の脱鞘に、これで打ちたたいて落す。(近代は脱穀機による) 小麦は臼を横にし穂先をたたきつけて落す。

  • とうす

    籾すり道具として、大正初期迄一般に使われた。(松の木製で、上下歯がついており、すり合わせて籾穀をとる)

  • 籾すり機

    近代は、水力、電力による固定式、動力による固定或いは移動式籾すり機が使われている。

前の10件1 | 23....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl