検索結果

「三瀬村」「民俗・芸能・習俗」「行事」は17件登録されています。

  • ホンゲンギョウ

    正月7日早朝に行なう子どもの火焚き行事である。  この行事をやるために、子どもたちは数日前から竹切りをやって材料を集める。なかには大人が手伝ってくれる地区もあった。集められたたくさんの竹で小屋を作り、6日の夜はここに泊って餅などを焼いて食べる。  翌7日の早朝に小屋に火をつける。火勢が強まってくるとそれこそ真の爆竹で、耳をつんざくような激しい爆発音をたてながら、生竹が火煙天に沖して燃えあがる。  子...

  • 七福神

    正月6日または7日の夜行なう子どもの行事である。  子どもたちは、大黒・恵比須・毘沙門・辨天・布袋和尚・福禄寿・寿老人の七柱の福の神に扮装して、部落の家々をまわり、新年を祝福する。  七福神に扮装した7人の子どもは、餅かつぎの子どもたちを従えて、各家の入口に来て 「七福神のお入り」あるいは「七福神が舞いこんだ」と連呼しながら、横槌(藁を打つ槌)で入口の戸をたたいて家の中にはいる。  部屋に通されると...

  • もぐら打ち

    正月14日に行なう子どもの行事である。 14日は小正月の前日で、14日節句あるいは14日正月ともいわれる。 モグラ打ちは小正月の当日にやる部落もある。  先端に藁たばをしっかりくくりつけて作った竹の打ち棒を振りあげて、  「14日のもぐら打ち、ならずの柿の木やなれとぞ祝うた。千なれ万なれ、他所の者のちぎっときゃ、川の上になぁれや、家の者のちぎっときゃ、畑の真中なあれなれ、ならずの柿の木、なぁれとぞ祝うた」。 ...

  • 塩配り

    現在では見られないが、最近まで「塩配り」をやった。 服装はふだん着ででかけるが、誰であるか他人に気付かれないように頬冠りをして、「てぼ」(竹で編んだ籠)に塩を入れて持ち、村内の各家を訪れて、竃の上に塩を供え、三宝荒神にお祈りをして餅をもらってまわるのである。 昔から荒神様はかまどの神とされていた。

  • 野狐使い(やこつかい)

    みすぼらしい服装に着かえて、顔に狐の面を被り、各家の門口に立って「京都下りのお稲荷さんで、どちらを向いてもお家繁盛と鳴いてゆく、スココンコン、スココンコン」と、狐のまねをして餅を貰って歩くのである。京都の稲荷というのは伏見稲荷のことで、ここには倉稲魂神(五穀を司る神)を祭ってある。 昔から狐はお稲荷さんの使いとされていた。野狐使いは五穀豊穣を祈り歩くのであって、昔の人の素朴な風習であったが、これ...

  • 鍾馗大臣

    半纏に股引の服装をして、しめ縄(注連)の帯を腰に結び、額にはしめ縄の鉢巻をし、竹割を右手に持って、各家庭の表戸を叩き「裏も表も悪魔退散、厄払いの鍾馗大臣」と、大声に唱えながら餅を貰って歩くのである。  鍾馗大臣が疫病神をはらう神であることは、中国から伝わったものである。 各家庭の無病息災を祈ってまわった風俗で、前記の五穀豊穣を祈った野狐使いと同様、素朴な庶民の祈りから生まれた風習であろう。これも...

  • 水かぶいやんぼし

    大正の初期頃まで〝水かぶいやんぼし″(山伏)を迎える風習があった。  地区の世話役から〝水かぶいやんぼし″がやって来るから、各家庭では用意をととのえておくように触(ふれ)がまわると、各家では、臼・たらい・水桶・こがえ(木製脚付の洗面器)・えつけ(柄の付いた手桶)などに水を満たして、表の庭先に出しておいた。  山伏はボーランギャア (ほら貝)を吹きならしながらやって来る。  新春は迎えたといっても、睦...

  • ひなまつり

    ひなの節供、あるいは桃の節句ともいう。雛檀を作ってならべる内裏雛は、江戸時代の中頃に京都で起ったものといわれ、起源は新しい。  桃の花をあげ、ひし餅や白酒を供えてお祝いをするのが一般的であるが、神代家 扣には次のように記されている。  3月3日 一、鱠 大根 魚 一汁   一、煮物 こんぶ 魚 一めし  一にしめ かんころ くじら ふき  一あえ物 つみな とくわか(わけぎ) 田にし  一、草の餅の事 ...

  • おいたち

    田植前に部落の若者や中老たちが寄り合い、飲食をともにする行事である。にくじきといって、にわとり・牛肉その他栄養分の多い料理をつくって酒を汲みかわす。もとは数日間続けるならわしであったが、現在では1日で終わるところが多く、田植の時期も早くなったので、期日も地域によってまちまちである。  本来は田の神を招いて祭り、御馳走を供えて田植の無事を祈る行事であった。幾日も続けたのは、御神酒をいただき、栄養の...

  • さなぼり

    田植の終わったあとの行事である。早苗振の語からきているといわれ、「さ」は田植または田植をつかさどる神の意で、神上り(さのぼり)、つまり、田の神がお帰りになる意味があり、田植えはじめを「さびらき」というのに対する語である。 本来、田植が無事にすんで、田の神を送るための祭事であったが、のちには田植終わりの祝いや休養日と考えられるようになった。  行事の内容はさまざまであるが、餅をついたり、まんじゅう...

前の10件1 | 2....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl