検索結果

「富士町」「民俗・芸能・習俗」「民俗芸能」は7件登録されています。

  • 市川天衝舞浮立の流れ

     ① 浮立奉納日 ミソギ 天衝舞人と棒使いは神社横の川で、早朝ミソギを行い境内で足ならしと称する準備運動をする。 天衝受取り 天衝舞人の衣装の着付けは舞人の家で行うのでテースマエの家にテンツキを受取に行く。 浮立ぶんみゃー(浮立振舞)の準備 早朝から赤飯を炊き、浮立振舞の準備をする。とくにテースマエの古賀では数日前から材料を揃えたりして本膳つくりの準備をする。 打ち出し 打ち出しは午後1時ごろで、打ち...

  • 市川天衝舞浮立奉納後の行事

     浮立ブンミャー(浮立振舞)   テースマエ古賀では浮立参加者を招いての浮立振舞をする。スブソの家は天衝舞人だけを接待する慣例であったが、今は他の出演者もあわせて招く。他の家では10人から14、5人の客を分担して引き受ける。午後8時から始められ客は座敷にしつらえられた本膳につく。ホンバン三番がうたわれ宴がはじまる。本膳の振舞は午後10時ごろに終わり、その後、回り祝いの客が見える。回り祝いというのは、出演者...

  • 市川天衝舞浮立の流れ 付随芸能

     ① 棒ツキャー 棒ツキャーの頭領が神前に進み出て、肩にかたげている棒をおろし、両膝の上で横にして膝を少しく折りながら一礼して元の場所にもどる。この所作をシャーバリャーといっている。演舞にさきだっての災祓いであろう。  現在、浮立奉納のおりに行われている手数は次のとおりである。  花見杖、腰車、杖落とし、こじりおしつけ、とうがさなり、金つき、両棒はずし、七斬り、こぐちきり、三人三番など。   ② 奴お...

  • 杉山浮立

     龍造寺隆信が九州の霊山彦山権現を攻めたので、その報いで肥前の国は五穀の凶作が続いていた。それを苦慮した杉山の玉秀院の住職が、ムラの中を流れる延命川で、身を清め21日間祈願をした。そして彦山に毎年5名の代表者を送り、旧暦10月15日に彦山の見える高台で浮立を舞えとのお告げをうけて始まったとされている。  別名「七囃子浮立」ともいう。それは、笛、鉦、太鼓、モリャーシ、扇子舞、ささら、銭太鼓の7種類で囃され...

  • 古湯浮立

     由来は明らかでないが、一時、後継者難で昭和29年を最後に途絶えていたが、昭和56年に復活をした。現在は10月第1日曜日に古湯と貝野が合同で奉納する。 (1) 次第 区長宅の前に浮立出演者が全員集まり行列を旗(古湯鉦浮立保存会)−御神灯(2名)−鉦(古湯連中10名)−笛−大太鼓(貝野連中10名)−モリャーシ−銭太鼓−扇子舞の順で、道行きを奏しながら淀姫神社にむけて出発をする。囃子は到着まで続けるのではなく、出発と町の中心部...

  • 須田浮立

     明治6年5月から100日間も雨が降らず大干ばつとなり田植えもできなかった。南山村市川の天衝舞浮立を雨乞い浮立として奉納することとなり、野中勘兵衛ほか7名を師匠として招き浮立の習得をした。小高い山に登り火を焚き雨乞いの浮立をした。現在は10月第3日曜日に行われている。もとは10月17日であった。 (1) 組織  須田、御殿、矢櫃の3つの古賀に分かれている。 (2) 次 第 11時より須田公民館を打ち出す。バレン(まといの...

  • 鎌原浮立

     伝承の経緯など明らかでないが、昭和22、3年ころ、浮立をやめたところ、24年の水害で神社が流れ大きな被害がでたということですぐに再開された。  「市川の朝浮立に鎌原の夕浮立」「鎌原の三本鉾に市川の六本鉾」などの言い伝えがあった。  現在は10月第1土曜日に行われる。もとは10月15日であった。 (1) 組 織  つづら谷、上古賀、下古賀、村古賀の4つの古賀に分かれており、交代でテースマエをつとめる。 (2) 次 第 ...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl