検索結果

「富士町」「自然」「樹木・花」は4件登録されています。

  • 鏡神社のスギほか

     スギ(スギ科)は、下合瀬、鏡神社の1樹と東畑瀬の通称「テンジンサマノスギ」(水没予定地)はともに胸高幹周が5.8mで県内最大級である。幹周ではこれらに及ばないが、苣木・香月繁美氏宅と下合瀬上の平の山中にある通称「カザマツサン」は樹姿に風格がある。

  • 大野のビャクシン

     大野のビャクシン(ヒノキ科)は県内では諸富町新北神社のものに次いで大きい。本樹を残すために道路を迂回させたといういきさつがある。

  • ケケンポナシ

     下無津呂、江里口儀一郎氏宅のケケンポナシ(クロウメモドキ科)は幹周が2.3mで県内でも最大。上小副川、稲荷神社、須田、天満宮のもこれに近い大きさである。地方各地でテンポコナシとよばれ、かつては各地に散在したが、近年消滅しているので貴重である。

  • キャラガキ

     山留、鶴田秀次郎氏宅のキャラガキ(カキノキ科)は幹周が1.8mあり、単幹で樹姿もよい。家伝で樹齢が約200年であることがわかっている。佐賀特産柿品種なので大事にしたい。

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl