検索結果

「富士町」「民俗・芸能・習俗」「行事」は15件登録されています。

  • オネブ焚き(鬼火焚き)

      子どもたちが中心となり、年の内から付近の山や林から伐り出した青竹や生木などを持ち寄り、集落の広場やたんぼなど適当な場所にオネブ小屋をつくる。 正月になると餅などを持ち寄って泊まりがけで遊び、7日の早朝に火をつけて燃やす。餅をオキ(残火)で七転び八起きといって焼いたり、ナナトコ焼きといい、7か所で焼くこともあった。オネブの火で焼いた餅を食べると、この年は病気にかからないという。また、餅を水に浸し6...

  • フクニニャー(福荷ない)

     東高野岳と西高野岳の集落では、1月14日の早朝5時ごろから、集落はずれの山に祀られている地蔵など数か所の神仏に参る。小さな袋に数合の米を入れ、1mほどのオークの先にくくり、肩にかけて山に登る。神仏には30㎝ほどのゴウヅエ(業杖・剛杖・強杖)と米一つかみを供えながら登って行く。ゴウヅエには人間の業がつまっているという。参拝を終えて、火を焚きながらしばらく談笑し、7時すぎに山をくだる。このときに「オブニャー...

  • もぐら打ち

     子どもたちが竹の先にカヅラで藁を結びつけてもぐら打ち棒をつくり、各戸を廻り庭先の地面を歌に合わせて打ち、モグラの害を防ぎ豊作を願う。折れたもぐら打ち棒は柿の木に吊るしてかけておいた。    十四日のもぐら打ち なあれ なあれ 柿の木    ならずの木をば なれとぞ祝うた    千なれ 万なれ 明日ん晩なあれなれ    つうわれすんな 虫ざしするな    松尾のぜんぜんぼうのやかんの太さになあれ  ...

  • 市川の正月祭り

      1月14日に諏訪神社で行われる。神事、ノオリャー(直会)の後、鬼払いと百矢的が行われる。鬼払いは、鬼の皮という竹ひごで編んだ1㎡ほどの平籠に鬼の3字を書いた紙を貼ったものを背負った2人の鬼役の若者(両親健在のものに限る)を神主が矢で射るものである。  神主は次のような唱えごとをしながら鬼を射ぬく。  「千早ふる神の御稜威は輝きて、天下太平、国家安泰」-山  「東西、南や北も鎮まりて、この里村に悪魔来たら...

  • 杉山の正月祭り

     1月15日に白石神社で行われる。神事の後、的射りが行われる。的は中央に黒星、端に鬼の文字、ウサギの絵が描かれている。的は男児2名が、3本の矢を3回射る。的射りは昭和30年ごろから中断していたが、昭和57年に復活をした。その後テースマエの宿に座を移し本座が行われる。本座は戸主だけの参加で、茶碗いっぱいの酒がだされる。赤飯、ダイコンの味噌汁、ナマス、ヌッペイ (芋と小豆をまぜあわせたもの)等が塗りものの食器...

  • 初午祭り

     2月の初午は稲荷神社の祭日である。古湯の松森稲荷神社にお参りに行く。市川では女性が古賀毎に茶講をする。また、髪の毛がのびるように柳の木を伐って川に流した。

  • 英彦山参り

     2月から3月ごろに行う。英彦山へ代表者が参拝をし当番の家で直会をする。みやげに配られた土鈴は家の入口にさげて魔除けとする。

  • 春祭り

     2月から4月にかけて氏神社で春祭りが行われる。年初にあたり的射りを行う集落が多い。竹で編んだ的に和紙をはり、鬼という文字やウサギの絵を書いた的を弓矢で射って災いを祓う。また、田植えを控えての豊作祈願も行われる。 山留では、2月5目に松尾神社で村祈祷が行われる。集落内5か所に「村中安全祈祷」の祈祷木をたてる。  

  • お経まいり

     川上(現大和町)の実相院の春祭り、経会が4月10日から20日にわたって行われる。宗派に関係なく先祖供養として参っていた。見せ物や露店を見物し、持参した握り飯にトコロテンをおかずにして昼食にした。海ホオズキなどを買うのを楽しみにしていた。往復歩いて家につくのは夕方で1日がかりであった。

  • サナボイ

     田植えあがりの慰労として親戚を招きご馳走をして飲食をしたり餅を配ったりした。集落によっては、三夜待ち仲間などの年齢別の仲間同志が集まって行ったり、数日にわたってする所もある。モチ、ウドン、酒、肴で飲食をした。青年の世話による浪花節語りなどもあった。藤瀬では、半夏の翌日、西畑瀬では7月15日と決まった日にしていた所もあった。  貝野では田植えが済み、ひと休みするときをウドン打ちという。  

前の10件1 | 2....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl