検索結果

「富士町」「建造物」「地蔵・銅像・石塔」は5件登録されています。

  • いで(井手)の神

     湯の里橋の上部に内野の堰がある。現在はコンクリート造りの立派な堰であるが、大正の初め第一発電所ができる前までは芝の堰であった。そのため、大雨が降るたびに決壊し、その度に大勢の人がかり出され復旧工事にあたった。  正徳3年(1713)、大雨のため堰は流され復旧工事は進まず、人々の苦悩は増すばかりで社寺で祈祷まで行われるようになった。 内野に新吾左衛門という農民がいた。新吾左衛門も毎日工事に出て一所懸命に...

  • 読誦塔

     特定の教典を読誦した記念に建てたものである。教典はもともと読誦することを目的としたものであるが、何部または何遍読誦したかということを銘文としたものである。「奉読誦大乗妙典一千部」と刻されており、法華経を読誦したものである。

  • かいもん屋敷の猫

     昔、小城から嘉右衛門という人が杉山にきて屋敷を構えて住み着いた。杉山の人たちは、かいもん(嘉衛右門)屋敷と呼んでいた。屋敷には1匹の年老いた大きな三毛猫がいた。猫は子どもに噛みついたりするので、魔性の猫として、人々から恐れられていた。なんとか始末をしなければと、屋敷に来ていた相撲取りに訳を話し、斬り殺してもらい、猫の死骸を袋にいれ、貝野川の上流から流してしまった。ところが、このあと、不思議なこと...

  • 池の神さん

     日池公民館の横の池の中央に石祠が建っている。池が深く祭神を確認することができないが、地元では牛馬の神さまと伝えられている。10月25日に人々は池の廻りに集まり、立ち祭りをしていた。江戸時代、三瀬や下関屋から三反田の佐賀藩のお蔵に納める年貢米を積んだ牛馬はこの道を通っていた。この石祠の前で必ず止まり、参拝をしていった。もし、牛馬が病気のときは池の向こう岸に茂っている弥次郎竹の葉を食べさせると必ず治...

  • 一里塚

    熊川天水にある。

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl