検索結果

「大和町」「指定文化財」「無形文化財」は1件登録されています。

  • 名尾手漉和紙

    名尾の手漉き和紙は元禄年間(1688~1704)、納富由助(のうどみよしすけ)が耕地が少なく農民の生活が苦しいのを憂い、筑後溝口村から習い伝えたのに始まるとされ、旧唐津藩領における唐津紙をはじめ、大和町名尾のほか神埼市三谷、小城市岩松、嬉野市塩田町鍋野・谷所等で続けられていた。その起源は江戸時代にまでさかのぼることができるが、明治維新後は次第に衰微をたどり、明治中期には筑後方面からも技術を導入して技術革新...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl