検索結果

「大和町」「指定文化財」「書跡・古文書」は2件登録されています。

  • 高城寺文書 一〇〇通

    高城寺文書は、佐賀平野の北端、脊振山地の南麓にある臨済宗東福寺派高城寺に伝来したもので、鎌倉期から江戸期にかけた総数100通からなる。 最も年代の古い文治2年(1186)の源頼朝下文案(くだしぶみあん)は在地の武士高木宗家を土地の地頭に任命したものである。以後、鎌倉期、南北朝期、室町期にわたり肥前の歴史上に活動する著名な人物の多くは当寺と関わりをもち、保護を与えている。征西将軍宮懐良(かねなが)親王令旨(りょ...

  • 河上神社文書(二四七通) 十四巻

    河上神社文書は佐賀市大和町に所在する河上神社(与止日女神社)に伝わる古文書で、平安期10通、鎌倉期92通、南北朝期85通、室町期60通の計247通からなり、武雄神社文書とともに、県内の神社文書の双壁といえる。この内、院庁(いんちょう)・大宰府・国衙(こくが)等の関係文書は肥前国のおかれた立場を明らかにし、南北朝関係文書は14世紀の九州の動向を示す、史料として貴重である。 正応5年(1292)8月の「河上宮造営用途支配惣田...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl