検索結果

「大和町」「民俗・芸能・習俗」「行事」は26件登録されています。

  • ほんげんぎょう(鬼火)

    1月7日、朝まだ暗いうちに起出て、門前や鎮守の境内、村外れ等適当な場所を選んで火をたくがこれを「ほんげんぎょう」という。これは全国的な行事で、鬼火たきというのは鬼退治の意である。昔、宮中では清涼殿の東庭で青竹を連ね立て、扇子や短冊などを結びつけ、それに御吉書を添えて焼いた。これに対し民間では書初めの清書や門松、〆縄等を添えて焼いたのがやや形を変えて残ったものといわれている。子どもたちは前日までに...

  • 初入り

     「おはつり」「おはつい」「おのうりゃあ」とかいって、1月7日に親類同志一家こもごも客に招きまた客として行っていたが、次第に7日と限らずその前後にするようになった。また、後には一軒々々を回らず、毎年当事者を決めて1回だけにする「出合ぁのうりゃあ」に切り換えられていった。「のうりゃあ」というのは「直会」つまり「なおらい」 「なおりあい」 「なおあい」等のことで今まで正月の神事のため不浄をさけていたの...

  • 七福神

     これも1月7日の行事でこれは町内でも少数の地区で行われた。地区の青年や子どもたちが七福神装束をして、その地区はもちろん他の地区まで回って各戸に「七福神のはいり」と唱えて、七福神の所作ごとを演じた。その家の幸運を祈り、かつお祝いのことだからどこの家もこれに対し、餅をやったりお祝儀を包んでその好意に報いた。現在でも柚ノ木、福島、川上各地区の一部で行われている。また、この日の夜煎豆をまいて「鬼は外福...

  • 荒神餅

     1月9日の朝は荒神さんに供えた餅を焼いて食べる。この餅はへっつい(かまど)を模して作った餅で、所によっては男性に忌まれもっぱら女性専用の餅であった。つまり男性が台所くさくなってはいけないということであろう。

  • 土龍打ち

     土龍打ちは1月14日に行う男児の行事である。ころのよい5、6mの雌竹を切ってきて、そ の先にわらずとをくくり付けたもので、地区の各戸ごとに庭先に円陣を作り、もぐら打ちの歌に合わせて地面を叩くのである。すんだらそれを各自持ち帰ってわらずとの付近から折り曲げて自宅の柿の枝にぶらさげておく。土龍打ちをしてもらった家は、土龍打をしてくれた子供達の家族内の子どもの数だけ小餅をやるので、兄弟姉妹の多い所はたくさ...

  • 此月流し

     2月の初午講の日に少女等は糸柳の枝に大麦、かんな草および自分の髪を少し切りとって白紙に包み水引で結んで    この川やこの川や広さ深さは知らねども 流るる先まで延べや黒髪 延べや黒髪  とか    この川やこの川や長さ深さは知らねども 流しし先まで延べや黒髪 髪長うなれ長うなれ  など唱えて流れ川の橋頭から流す風習があった。また、髪の代りに木炭を紙に包んで流し、流したらうしろを振向かないで走って...

  • 針供養

     もともと12月8日と2月8日の2回していたがいつの間にか2月8日だけになった。明治のころまでは裁縫師匠の家で、この日針子たちが晴れ着で集まり五目飯などを作った。1年間使用して折れた裁縫用の針を白い豆腐にさし、淡島様の祭壇を設け、草花や菓子等を供えて針へ感謝するとともに裁縫の上達や針でけがをしないようにと祈った。この日1日は針を納め仕事を休んでいた。以前は学校でも女児だけでこの行事をし運針競技などをして...

  • 粉搗き十五日(ねはん会)

     2月15日は米や麦をいって粉をひき、砂糖や干柿の皮の乾燥したものを小さく砕いて入れたり、もち米をもみのまま焼いて「米の花」とか「飯花」というものを作って混ぜた。この粉のことを「こうせん」とか「こうばし」という。井手地区あたりでは「ごうへらし」といっている。そして「つけ木」(薄い板様の木片の両端に硫黄をぬり火をたきつけるもの)を切って作ったさじですくって食べた。これはもともと仏教関係の行事で釈尊が...

  • 灌仏会

     4月8日は釈尊の誕生日として「甘茶とり」とか「花祭り」といっている所もある。各寺院では、すみれ、たんぽぽ、菜の花、れんげ草等春の草花できれいに飾りつけた「華堂」を作り、その前に大きなたらいを置いて甘茶を入れ、その中に「天上天下、唯我独尊」の釈尊像を立て、参拝者はお塞銭をあげ、その甘茶を釈尊像にかけて礼拝し、甘茶をもらって帰る。家族の者は全部これをいただいて病厄よりのがれるように祈るのである。ま...

  • さかもり(春祈祷)

     4月の末ごろから5月の始めごろにかけてこの行事が行われた。普通は順番に当事者をきめて行われたが、若者組では新婚の者や長男が生まれた家が臨時に当事者になった。酒宴は2、3日から長い時は1週間にもわたる盛大なもので、打上げの日は村の主婦たちが仮装行列をし、音曲を奏し歌や踊りでにぎやかに繰り出した。また、この日地区の子どもたちには「たけのこ握り飯」を振舞うので大変な騒ぎであった。この行事は、農家ではこれ...

前の10件1 | 23....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl