検索結果

「大和町」「遺跡・史跡・跡地」「跡地」は4件登録されています。

  • 春日城跡

    標高235mで頂上に富士社の石の祠が祀ってある。この峯は甘南備山と称する。一条天皇の御代(987-1007)中納言文時が居住し、文治2年(1186)文時の末裔高木宗家が、城砦を築き肥前国を風靡していた。弘治3年(1557)にこの城をめぐって、龍造寺軍と神代軍との攻防戦が展開されている。

  • 館屋敷

     天明6年(1786)の絵図面を見ると、松梅小学校運動場の東南端を横切り、通天庵南の道路に結ぶ直線道路があって、この道路を「馬場」と称し、幅5.4mというから今の県道並みの道幅で長さ90mの両側に杉が植えられていた。 館屋敷は校門の東、現県道を含み名尾川線まで500坪(1650㎡)の敷地内に建坪50坪(165㎡)内外の建物があり、周囲は塀又は柵がめぐらされ、大きな濡れ門があった。この館並びに馬場で、山内の帯刀侍達が武術...

  • 三反田代官所跡

     三反田は昔、佐賀と筑前(福岡)、佐賀、浜崎に至る交通の要衝で、天明6年(1786)作の絵地図を見ても人家が立ち並び、宿場駅として山内では最も繁栄していたようである。ここに三反田代官所が置かれ高札場もあった。  高札場は基礎石垣の高さ5尺(1.5m)、長さ1丈余(約3m)の高台に高札4枚が立てられていた記録があり、明治維新になって道路築造のため全部取り除かれたようである。  昔は佐賀山内、小城山内、神埼山内を...

  • 大砲演習場跡

     嘉永7年(1854)大久保に佐賀藩の大砲演習場を設置した。これまで石火矢(大砲)の試射や発火演習は神埼郡西郷村岩田(現神埼市)で行っていたが、道のりが遠くて往復に日数がかかり費用もかさむので、もっと便利な所に変えようと大久保に新たな台場を築いて、大砲専用の演習地とすることになり早速工事に着手した。ここは小城藩の領地であるが築地(現在佐賀市日新小学校敷地で、鍋島直正が嘉永3年=1850反射炉を築き大砲の...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl