検索結果

「大和町」「建造物」「地蔵・銅像・石塔」は20件登録されています。

  • 四天社

     池上地区の北部、楢田へ通じる道路の北側に小高い築土の上に四天社があり、土地の人は「しっ天さん」と呼んでいる。中央の多宝塔は大日如来を祀り、それを囲んで四隅の石像が四天王である。東方には持国天、南方には増長天、西方には広目天、北方に多聞天の順に建っている。四尊像は等身大に近く、長い年月の間風雪にさらされて一見石塊のように見えるが、よく見ると邪鬼を踏まえて目もと口もとに厳しい表情があり、守門の護...

  • 馬頭観世音

    その名のように頭上に馬頭をいただいているが、当町北原のブロック堂内には弘化3年(1846)になる三面六臂(3面に6本の腕)の立像が安置されている。右上手に宝珠、下手に錫杖、左上手に鑓、下手に斧を持ち、中央の二臂は合掌している。正面頭上に馬頭をいただいた手の込んだ石像である。  都渡城の宝塔山には陸軍大佐堤 清氏による日清日露戦死馬頭観世音の石仏が明治40年(1907)に建てられている。自然石になる馬頭観世音...

  • 六地蔵

    一石に六体の地蔵を彫りつけた六地蔵やその上部に六観音を彫りつけた六観音六地蔵は大和町内に多く見かける石仏である。特に寺や墓地等に建てられている。六地蔵尊像はいろいろの種類があるが普通、 (1) 地獄−大定智悲地蔵−左手宝珠、右手錫杖 (2) 餓鬼−大徳清浄地蔵−左手宝珠、右手与願印 (3) 畜生−大光明地蔵 −左手宝珠、右手如意 (4) 修羅−清浄無垢地蔵−左手宝珠、右手梵篋 (5) 人間−大清浄地蔵 −左手宝珠、右手施無...

  • 勝軍地蔵

     甲冑武人が馬に乗った姿のものを勝軍地蔵又は愛宕様と呼んでいる。当町では駄市川原の智徳寺境内に愛宕さんと称して祀られている。明治2年(1869)の建造で、この種の石神は町内では珍らしい。京都愛宕山の将軍塚に地蔵を祀ったのが始まりで、将軍が勝軍になったのはその名の縁起をとってのことであろう。伝えるところによると忠臣蔵の大石良雄は吉良邸討入りの成功を勝軍地蔵に祈ったという。昔、朝廷を始め武家の間でもこれ...

  • 五輪塔婆

    五輪塔は密教(真言)で創始された塔形で、我が国では平安期の中期以後から墓標として用いられ武将や名僧の墓に多く見られる。その形は下部より方、円、三角、半月、団形の五輪からなり地輪、水輪、火輪、風輪、空輪を表わすものとされている。

  • 鎌倉さん

     春日の高城寺墓地である前隈山頂上に建てられていたが、今は県立博物館に移されている。文永7年(1270)執権北條時宗が敷地山林を寄進し、久池井の地頭である国分次郎忠俊が高城寺を創建したが、この五輪塔は「鎌倉さん」と呼ばれていて、国分次郎忠俊の墓ではないかといわれている。鎌倉時代後期の作で、優美な格調高い五輪塔として、県内では他に比肩するもののない価値の高いものである。

  • 蚕神さん(実相院)

     実相院の中門右手に大きな石像がある。女神の姿をしており、左手に繭を持ち、右手には絹糸の束を持って馬のそばに立っている。又、大久保にあるのは女神が馬に乗っている半身像で、大正15年に建立されたものであるが、これは「蚕神」とはっきり刻んである。  蚕については、魏志の「倭人伝」に邪馬台国では「桑を植え、蚕を飼い、絹をつむぎ」と記しているので、我が国は古くから蚕を飼育したことは間違いない。養蚕は中国か...

  • 桧垣塔

     多くは凝灰岩等の軟かい石で屋根瓦や棰等が木像塔のように細かに彫刻され、桃山、江戸時代の庭園等に使われた。元来は仏舎利(釈尊の骨)を納めた塔である。当町では春日の高城寺裏庭に不完全ながら1基と、池上四天社の中央大日如来である。この桧垣塔は基礎と第1層の軸部と3つの屋根が残っているが、第2、第3層の軸部や九輪はなくなっている。

  • 金精さま(与止日女神社)

     自然石又はこれに人工を施した男根、女陰の形をしたもので、男性・女性の象徴を神として祀ったのが古い昔から日本の、特に僻地山村に多く見られるようである。当町ではこの両方を兼ね備えたものが松梅の梅野神社境内にあり、又淀姫神社の藤棚の下に男根をかたどった雄大なものが横たわり、土地の人は〇〇〇〇石と呼び、淀姫さんが女神だからと意義づけている。井手原の弁財天社にも見られ、松梅小学校傍らの天満神社にも石段...

  • 弁財天

     当町では大久保に弁財天があり、又井手原の国道263号線の傍ら高段に弁財天を祀る社がある。井手原弁財天社の拝殿の奥には高さ1.5m、幅約1mの自然石及び高さ1.8m、幅1.2m余の石の小蔵があるが、その小蔵に次の文字が彫りこまれている。  辨財尊天座殿乙宇募縁造立秋天下和平民安楽  天明七(1787)丁未四月上巳日 真手山健福寺法師姉実識  昔、この弁財天の下の渕で、筑前の国の商人が牛に塩を荷なわせて渡る時転んだので...

前の10件1 | 2....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl