検索結果

「諸富町」「指定文化財」「天然記念物」は6件登録されています。

  • 新北神社ビャクシン

    新北神社拝殿の右横にあるビャクシンは、幹回り4.1メートル、枝張り6メートル、樹高20メートルの巨木である。幹は斜上しており、倒伏しないように支柱がそえられている。主幹部はビャクシン特有である樹皮が剥げ、材がむき出しになっている部分があり、ねじれや瘤状の隆起もみられる。樹齢は1600年とも2200年ともいわれているがあきらかでないが、古木特有の風格がある。 近くに秦の始皇帝の命で不老不死の霊薬を求めて渡来した...

  • 新北神社楠木№1

    新北神社の鳥居をくぐり門を入ると、拝殿前の右側に老人のように腰を曲げ杖をついたクスノキが目に飛び込んでくる。主幹は、地上3mほどからほぼ直角に幹を曲げ、その上から数本の枝幹を放射状に伸ばしている。 地上より3メートル付近まで、幹の背中は縦に割れ中は空洞になっているが、枝幹のあちこちからは力強く青葉が塊となって噴き出している。さがの名木100選に指定されており、推定樹齢は1,600年、樹高23メートル 幹廻...

  • 新北神社楠木№2

    楠の木は、佐賀の地名の由来にもなっている木で、県木、県花であり、特に神社の境内に多い。新北神社には古木が多く、社務所の右横にある楠の木は、地上数メートルほどのところから幹が大きく二つに分かれ、四方に枝葉が茂っている。佐賀県の名木古木に指定されており、推定樹齢300年、樹木の大きさは高さ18.6メートル、幹廻り3.75メートル、枝張り18.0メートルである。

  • えの木№1

    えの木が自生する新川河口付近は古くから国内、国外の海上交通の要所として栄え、江戸時代には河口付近に緊急時の佐賀藩の兵糧等を貯蔵した蔵が建てられた。  新川のえの木群は、大型の船舶を繋ぐために利用されていた。何本ものえの木があったが、台風による倒木や河川改修工事により伐採されて、現在は1本のみ残っている。推定樹齢150年ぐらいといわれている。

  • 大堂神社楠№1

    神社には社殿を囲むように鎮守森が存在するのが普通である。暖帯の低地では、クスノキ、アラカシ、クヌギ、スギ、ヒノキなどを主とした森林が多い。特にクスノキは佐賀の神社の象徴として大木が多い。  大堂神社にも数本の楠の木がある。佐賀県の名木古木に指定されている1本は神社拝殿の右前にあり、推定樹齢900年で、樹高20メートル、幹回り5.65メートル、枝張り21.5メートルである。

  • 大堂神社楠№2

    大堂神社は、自然林に囲まれており、クロガネモチ・クロマツ・アラカシ・スギ・ヒノキ・ハゼノキ・イヌマキ・クヌギ・チャノキ・エノキ・ネムノキなど種々の樹木が茂っている。 その中にある楠は、多くの木々や竹に囲まれて、境内左隅の堀のすぐそばにある。 地上から数メートルのところから、幹は大きく四つほどに分かれ、四方に枝葉が繁茂している。佐賀県名木古木に指定されており、推定樹齢は250年、樹高15.0メートル、幹回...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl