検索結果

「諸富町」「産業」「漁業」は16件登録されています。

  • 蝦ゲンシキ網

    大正期の漁業 構成 網地、四本綿糸、一寸四分目、三百掛、長、八尺七寸五分のものを縦目に用ひ、之れを一把とす。 縮結、肩を二丈に、裾を三丈二尺五寸とす。 浮子(あば)、桐、長五寸二分、巾八分、厚一寸四分 沈子(びし)、陶製円筒形、長二寸、中央径六分五厘、両端四分、重六匁のものを四寸距に付す。 沈子綱、麻糸太径八厘のもの二本 棚糸、ユラと称す綿糸五厘、径長三寸のものを沈子二個に一本を付し中央迄折返して網を...

  • 赤目ゲンシキ網

    大正期の漁業 構成 網地、上部は六本綿糸、二寸目二百二十五掛、長二尺五寸、下部は麻二寸目二百二十五掛、長六尺二寸五分 重、百匁のものを用ふ。 縮結、肩を二丈一尺四寸に、裾を三丈四尺八寸とす。 浮子(あば)、桐、長五寸二分、巾八分、厚一寸四分 沈子(びし)、陶製円筒形、長二寸、中央径六分五厘、両端四分、重六匁のものを四寸距に付す。 沈子綱、麻糸太径八厘のもの二本 棚糸、ユラと称す綿糸五厘、径長三寸のもの...

  • 蛸ゲンシキ網

    大正期の漁業 構成 網地、四本乃至六本綿糸、一寸四分目、二百五十掛、長二尺五寸のものを上部に一寸目四百掛、長六尺二寸五分のものを下部に付す。 縮結、肩を一丈六尺六寸に、裾を三丈一尺とす。 浮子(あば)、桐、長五寸二分、巾八分、厚一寸四分 沈子(びし)、陶製円筒形、長二寸、中央径六分五厘、両端四分、重六匁のものを四寸距に付す。 沈子綱、麻糸太径八厘のもの二本 棚糸、ユラと称す綿糸五厘、径長三寸のものを沈...

  • 小繰網(風呂敷網)

    大正期の漁業 構成 網地、綿糸六本合、一寸四分目三百掛、長十三尋のものを縦目に用ひ一把とす。 縮結、肩を四尋とす。 浮子、桐長五寸二分、巾一寸六分、厚二寸八分のものを二十二牧を付す。 浮子網、二分径綿糸二本 沈子、陶製円筒形、重十五、六匁のものを一尺に一個 沈子綱、七分径の藁綱二本 漁法 網船二艘、手船二艘を要し、各四人宛乗込み、前記の網十七反を接ぎ合して出漁し、ハダラ網と同様の方法に於いて、魚を取旋き...

  • 口底ゲンシキ網

    大正期の漁業 構成 網地、上方は六本綿糸、一寸八分目二百二十五掛、長二尺五寸、下部は麻糸六本綿糸太一寸八分目二百二十五掛、長六尺二寸五分 縮結、肩を一丈九尺に、裾を三尺二寸五分となす。 漁獲物 赤目、口底、コウナリ(小形のグチ)、グチ (大正5年(1916)8月発行。県水産試験場『漁村調査報告』より。)

  • 諸富町漁業のはじめ

    古い記録では、宝暦3年(1753)、諫早湾の漁場をめぐり、諫早領と佐賀領との間で漁民の紛争があって、佐賀藩の有明海漁民は連署の訴状を津方役所に提出したが、その中に浮盃新津、西寺井津、堤津の諸富町内の地名が記されている。 寛政年間の『幕使佐賀巡見録』によると、「猟師(漁師)は居り候やという質問に、ここより少し隔てた浮盃と申す所と、早津江と申す所に少し居りますと申すと、運上(租税)はと尋ねられ、ありません...

  • 有明海の漁業

    有明海は海面積が狭い割りに、筑後川、嘉瀬川、六角川、塩田川などの注入している河川が多いので、栄養塩類に富み、魚貝類の天然飼料が豊富なため、稚魚の育成に適している。 ここには、また、外洋性の魚類であるサワラ、ヒラ、グチなどが、生殖のために廻遊するし、餌を求めて、長期間、滞留するハモ、サヨリ、マボラ、ススキ、クロダイ、ヒラメなどが多い。 定住的な沿岸性魚類はハゼ類、アカグチ、メナダ(ヤスミ)などが非...

  • 諸富町の漁業

    有明海における干拓陸化のために、沿岸漁村は3〜4kmの奥にあり、大半が農業を兼ね、更にその背後に純農家を控えた集落を形成しているのが普通である。 しかし、諸富町は筑後川の河口にある地域で、地先(干潟)をもたず、沖合漁業に徹し、アミリュウ(網漁撈)が古くから行なわれて、盛んであった。1か月の間には一潮に十日間出漁し、次の潮にさらに十日間出漁するという操業の型で、兼業は考えられない。勿論、耕地もなくて...

  • ゲンシキ(玄式・源式)網漁

    諸富町のゲンシキ網漁が、いつごろ始まったか明らかでないが、古くから盛んであった。 明治20年ごろ、既に熊本県に出漁していたが、その関係で熊本県にゲンシキ網漁を教えて、感謝されたが、熊本県でも盛んになり、次第に佐賀県からの入漁を敬遠するようになった。 ある年、入漁許可の更新が不許可になった。それまでは佐賀県から100隻が入漁していたので、熊本県に交渉してもらい、やっと、60隻が許可になった。 それは、入漁...

  • くるまえび養殖

    有明海のくるまえび(スエビ)は特に美味で、東京などから買付けが行なわれていた。 大木磯吉氏は県内で、いち早く、これが養殖(厳密には蓄養)を思い立ち昭和5年、大浦の海に2,500坪、熊本県天草郡登立町に、3,500坪と2,000坪の養殖場を設けて操業した。 ここでは、くるまえびの小さいのを8月に入手して、養殖場で育て12月〜3月までの期間に、ノコクズ詰めにして出荷した。 出荷は鉄道、後、航空貨物によった。また、養殖...

前の10件1 | 2....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl