検索結果

「諸富町」「神社仏閣」「寺」は23件登録されています。

  • 光専寺

    浄土真宗本願寺派 山号 護命山 本尊 阿弥陀如来 開基 教明教師 沿革 教明教師の祖先は清和天皇、貞純親王にはじまり、源の姓を名のり、武田刑部小輔太郎信重をへて甲斐刑部小輔信堯は細河讃岐守に属し、肥後(御船城主)に住しその子甲斐民部大輔神四郎は、大永年間(1520~1531)肥後より来て万行寺で修学、その後肥前に住し、出家して教明と号し、荒蕪不毛の地を開拓し一宇を建立。のち3畝21歩を拝領して光専教寺を開いた。...

  • 万福寺

    浄土真宗本願寺派 山号 定良山 本尊 阿弥陀如来 開基 慶昭教師 沿革 慶昭教師の祖先は九州の探題職今川了俊より数代をへた義秋(信秋)の代に居城を建造し、姓を定良と改め、この地を領していた。 のち千葉氏との戦で戦死、その子満秋も船橋の戦で鹿江氏のために戦死した。その墓石は鹿江村にあるといわれている。満秋の子慶昭は父の死後僧侶となり城を寺院となし、定良山万福寺と号し、祖先の菩提を弔った。 開基の駿河守は...

  • 光徳寺

    浄土真宗本願寺派 山号 普耀山 本尊 阿弥陀如来 開基 西願教師 沿革 西願教師は高木瀬の出身で真宗の教義に帰依し当地にきて一宇を建立した。 第3世尊隆の時准如上人より寺号の御免書を賜り光徳寺と称した。 第5世宗雪正保2年(1645)12月、太子、七高僧、准如上人等の御影を寂如上人より賜り、木仏の御下附をうけた。 第8世岱樹は元文4年(1739)3月楼門を建立、延享5年(1748)には蓮如上人御影を法如上人より賜り、本堂...

  • 円光院

    真言宗御室派 山号 宝珠山 本尊 聖観音菩薩 開基 不詳 沿革 当寺は350年前の創建といわれているが、中興時代に火災にあい全焼し一切の記録を焼失し事蹟を知る事は出来ない。現在の堂宇は昭和2年3月25日改築されたものである。脇仏としては薬師如来像弘法大師像が安置してある。 境内には元禄年中の六地蔵等がある。

  • 安竜寺

    真言宗御室派 山号 金剛山 本尊 薬師如来 開基 行基菩薩 沿革 当寺は長福密寺といい、行基菩薩の草創といわれ、七佛薬師尊のうち随一といわれている。行基僧正は筑州において1本の良材を得、これを滄海に放って、この木の止まるところに仏像を造って地方の平安をはかろうとされた。放流された尊木は寺井津に漂着したので、瑠璃光の像7尊(川副七仏)を刻んで7か所に道場を開きこれを安置した。当寺はその造尊の場所である...

  • 多聞院

    真言宗御室派 山号 不二山 本尊 毘沙門天 開基 行基菩薩 沿革 当寺は火災にあい記録一切焼失し詳びらかではないが、相当古く行基菩薩の建立によるといわれ、鍋島藩主の祈願所で、毘沙門天像は行基菩薩の作と伝えられている。 脇仏としては、千手観音菩薩、不動明王、弘法大師像等がある。 境内には六地藏一對、室町時代作と推定される一石五輪塔の石造物がある。 応安4年(1371)秋盛武太郎入道昌興の建立昌興寺、同年冬盛武...

  • 勝浮院

    真言宗善通寺派吉祥寺末 山号 善祥山 本尊 大日如来 開基 横尾 龍弘 沿革 当寺は昭和24年10月西搦に新北教会を創立、昭和25年12月仮御堂ならびに庫裡を現在地に建立、昭和26年1月諸富教会と改め、昭和30年3月勝浮院として寺格を得た。昭和38年8月現在の本堂ならびに庫裸を改築された。当寺には本尊のほか大僧都法印補陀洛山河運上人、権大僧都法印補陀洛山宥誉上人の碑石が合祀されている。境内は勝茂神社、聖人塚があっ...

  • 永仁寺

    禅宗臨済宗東福寺派高城寺末 山号 大堂山 本尊 薬師如来 開基 不明 沿革 当寺の開基は詳らかではないが、下大津の東光寺とともに相当古い寺であると思われる。県立長崎図書館蔵の三潴県時代の各宗寺院表によれば、檀家数15戸、住職馬場教道師とある。

  • 東光寺

    禅宗臨済宗東福寺派 山号 不明 本尊 薬師如来 開基 不明 沿革 当寺の開基は詳らかではないが、天平年間(729〜765)川副七仏薬師の1体をまつる薬師堂に始まると思われる。 この川副庄、一木七仏薬師如来は行基菩薩の御作といわれ、楠1本で尊形7仏を作られ、参詣者は元木より参り、木の末で参り納めたという事で、川副七仏の1番の堂場が下大津の東光寺、2番が寺井の長福寺(安竜寺)、3番は崎ヶ江の法源寺、4番は米納津...

  • 慈広寺

    禅宗曹洞宗 山号 補陀山 本尊 薬師如来 開基 太田美濃守 開山 傅翁大宅和尚 沿革 当寺は清和源氏太田持資入道道灌より5代の孫である太田美濃守資元(浄泉)という人が、享禄2年(1529)一族郎党を従え、川副庄太田郷に下向し、その東部地区を領有し城を太田に築き田中城と号した。 浄泉は龍造寺剛忠に仕え川副東部の守りを固め、鎮守の森に太田六所宮を建立し、天文2年(1533)春日の玉林寺より傅翁大宅和尚を請し、開山第1...