検索結果

「諸富町」「神社仏閣」「寺」は23件登録されています。

  • 明円寺

    浄土真宗本願寺派 山号 光雲山 本尊 阿弥陀如来 開基 元祐教師 沿革 当寺は元祐教師によって創建され、第3世泰円のとき、明暦4年(1658)良如上人より蓮師御影をうけ、第4世孝意は延宝3年(1675)寂如上人に願って祖師、太子、七高僧の御影を、続いて同8年には木仏の下附をうけて寺号の公称を許された。 明治7年(1874)佐賀戦争の兵火によって本堂、庫裡を焼失したが明治12年(1879)第14世靈妙によって4年の歳月をかけて同1...

  • 教楽寺

    浄土真宗本願寺派 山号 光雲山 本尊 阿弥陀如来 開基 崇伝教師 沿革 当寺は豊前の住人、僧崇伝禅門をおこし、この地に草庵を建てた。 第4世宗益寛保元年(1741)浄土真宗に帰依し、光雲山教楽寺と号した。 寛政9年(1897)に山門が建立された。 第8世明応の時代、北陸の地より親鸞聖人御影像1基来迎、その厨子とともに本堂に安置されている。 昭和43年2月1日本堂及び庫裡が新築され、境内地の整備等が行なわれた。

  • 禮敬寺

    浄土真宗本願寺派 山号 大堂山 本尊 阿弥陀如来 開基 泰源教師 沿革 当寺は僧泰源教師によって創建されたことになっているが、その僧以前は不明のため泰源教師を第1世とした。 現在地はもと真宗正蓮寺末正福寺があったところで、明治7年頃までは正福寺住職林靈源師であったが、その後鹿児島か熊本方面に移転されたので、大堂内にあった禮敬寺が第8世観月住職時代、明治9年頃現在地に建立した。

  • 法泉寺

    浄土真宗本願寺派 山号 瑞鳳山 本尊 阿弥陀如来 開基 善祐教師 沿革 三養基郡坊所村の領主池田藏人助義幸(坊所肥後守)の子坊所藏人大輔は、龍造寺隆信に仕え、その一族西村、中村、馬場、吉田等三百余名とともに橋津村に陣し、大友勢の水軍をむかえて奮戦大いに戦功をたてたが戦死者を多くだしたので、その一族の菩提を弔うために、その子刑部左衛門善教出家して善祐と号し当寺を創建した。 本堂は享保12年(1727)第7世靈...

  • 西覚寺

    浄土真宗本願寺派 山号 瑞徳山 本尊 阿弥陀如来 開基 正善教師 沿革 当寺の祖先は藤原鎌足に発し、その孫吉田因幡守正広は天文年中(1532〜1554)龍造寺の家臣となり各所の戦いに参加、戦功あり大いに武門を立てて重用された。 その子吉田左衛門大夫正善は病気のため、龍造寺隆信と島原の乱に出陣できなかったが、弟吉田又次郎正行は、17歳の若さで出陣し、隆信戦死の際又次郎も討死した。 後正善は主君の菩提を弔うため出家し...

  • 蓮光寺

    浄土真宗本願寺派 山号 宝池山 本尊 阿弥陀如来 開基 超岸教師 沿革 当寺は本堂7間4面、庫裡七十余坪を有し、本尊阿弥陀如来は康雲作といわれていたが、火災にあい由緒は詳びらかではないが、超岸教師は天文(1532〜1554)の頃より浄土真宗に帰依していた。 過去帳によれば慶長年間、一宇を建立して教化にあたっていた。第2世休岸、延宝2年(1674)木仏、寺号の御免書及び太子、七高祖御影を寂如上人より賜った。第3世超海...

  • 正立寺

    浄土真宗本願寺派 山号 日溪山 本尊 阿弥陀如来 開基 了益教師 沿革 当寺は中興時代記録等一切焼失し、詳びらかではないが了益教師(俗名藤原秀時)の開基といわれている。藩政時代には狩猟の時や巡遊の途次には藩主が参拝、休息されたといわれていた。 本堂は明治17年(1884)第15世洞観教師により改築され、総ケヤキ造りで大いに宏壮をきわめた建物であったが、昭和20年8月5日の戦災で鐘楼門のみを残して焼失した。その後...

  • 西蓮寺

    浄土真宗本願寺派 山号 竜田山 本尊 阿弥陀如来 開基 了俊教師 沿革 当寺の沿革は詳びらかではないが、肥後より来て出家して了俊と号し、堂宇を建立した。 当地方においては古寺の一つである。 宗祖御真影は延宝4年(1676)に下附され、六字名號は本願寺第14世寂如上人の添書がある。現在の楼門は明治5年(1872)慈広寺より移されたものである。 寺宝として過去帖、古文書等がある。

  • 専念寺

    浄土真宗本願寺派 山号 無量山 本尊 阿弥陀如来 開基 玄金教師 沿革 玄金教師は大和国式下城主兵部小輔、小杭丹後守源助の嫡男で、幼少の頃より文武にすぐれ、石山本願寺の戦に参加、龍造寺隆信に招かれて現在の地を拝領、堂宇を建立した。 万治年中(1658〜1660)清円教師の頃より塾を開き明治初期まで子弟の教育にあたった。 本尊の阿弥陀如来は東川副清行寺(西光寺)より明治時代に移されたものだといわれている。藩主から...

  • 妙光寺

    浄土真宗本願寺派 山号 無量山 本尊 阿弥陀如来 開基 正音教師 沿革 当寺は中途火災のため建物、寺宝などことごとく焼失した。本尊の阿弥陀如来は行基菩薩の作と伝えられ、きわめて精巧にできている。第2世正西教師のとき蓮如上人御影を准如上人より賜り、第4世正純教師は良如上人より寛文元年(1661)太子、七高僧御影をうけ、第5世宗純のとき田畠を買入、祖師の御影、寺号の御免書を寂如上人より賜り、文政10年(1827)9月...

前の10件1 | 23....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl