妙恩寺 | さがの歴史・文化お宝帳

妙恩寺

所在地 佐賀市川副町大字福富1473
年代 近世
登録ID 1932

出典資料から記載

山号   貞栄山
本尊   阿弥陀如来
創設年代 明暦元年(1655)
開基   圓海
沿革   今川了俊の嫡子定良駿河守が河副郷を領していたが、その三男内蔵之蒸が早死したので、内室妙恩尼が菩提のために、一庵を結び、昌壽院と号した。ときに漸く広まりつつあった真宗に帰して、宗栄と法号した。その子圓海は、母の名をとって寺号とし、第1世となる。
 近くの東崎ヶ江(下早)に地蔵堂があって、その傍に妙恩尼の墓が現在する。
出典:川副町誌P.942〜P.943

地図

関連情報