妙光寺 | さがの歴史・文化お宝帳

妙光寺

所在地 佐賀市諸富町大字為重842
年代 中世
登録ID 1648

出典資料から記載

浄土真宗本願寺派
山号 無量山
本尊 阿弥陀如来
開基 正音教師
沿革
当寺は中途火災のため建物、寺宝などことごとく焼失した。本尊の阿弥陀如来は行基菩薩の作と伝えられ、きわめて精巧にできている。第2世正西教師のとき蓮如上人御影を准如上人より賜り、第4世正純教師は良如上人より寛文元年(1661)太子、七高僧御影をうけ、第5世宗純のとき田畠を買入、祖師の御影、寺号の御免書を寂如上人より賜り、文政10年(1827)9月本堂を再建した。
楼門は為重家の門、鐘楼は新北神社の太鼓堂だったともいわれている。
寺宝には「親鸞聖人御真筆の名号」がある。

出典:諸富町史P.1247

地図

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl