船津八幡宮 | さがの歴史・文化お宝帳

船津八幡宮

所在地 佐賀市東与賀町大字下古賀乙807
年代 近世
登録ID 1110

出典資料から記載

船津の村落の北端に、船津八幡宮を祀っている。創立400年とあるが、その年月は不詳である。元禄の頃の創建とも言われ、本庄町の鹿の子との関係が深い。これは実久の村岡氏宅に保存される「八幡宮遷座の絵図」によって証明されるようである。もともとこの「船津」は「鹿の子船津」の名称が今日も残っており村落の形成上の関係が濃厚である。宮の鳥居には「安永七年戊戌四月吉日奉寄進御宝前」と刻まれ、施主副島内蔵之介外4名の銘がある。八幡宮における宮祭りの番帳さんが現在残っている。元禄時代の古い紙片に書かれたものであるが、その番帳さんに紺屋や油屋等の家業名が記されている。これらによって当時の集落の状況も想像されるのである。しかも農家は米の利息金でお祭りをやったが、漸次に農家が減少したために、宮祭りもできなくなった等の記録も残っている。
この境内には天照皇太神宮の大石(元禄7年甲戌2月11日建立)をはじめ、明治・大正時代に奉納された盥漱・狛犬や、また昭和13年奉献の燈籠等が数多く並べられて、村落民の信仰心の厚さが証明され嬉しい限りである。明治・大正・昭和と戦前までは東与賀村における三大村社の一つとして地域住民の崇敬が広かったのもここに大きく起因するものである。
出典:東与賀町史P1165

地図

関連情報