かんかん石 | さがの歴史・文化お宝帳

かんかん石

所在地 佐賀市東与賀町下飯盛
年代 近世
登録ID 1041

出典資料から記載

飯盛八幡神社の南方の鳥居から東へ約50mの道路端に、二つの石碑が建っている。その西側のは高さ2m・厚さ1m位の石塔であるが、石で叩くとかんかんと音を出すことから「かんかん石」の愛称がある。一見して素朴な中にも気品豊かな石碑であって、農村には珍しい存在である。右側のは安永7年(1778)に建てられ施主は当時の庄屋忠左ヱ門であり、左側のは安政3年(1856)に江川甚兵ヱ・御厨新吉等が施主となって建立している。建立の由来について古老に聞いても全く不明で、調査の方法もなく、それが「かんかん石」の特徴かも知れない。
出典:東与賀町史P1219

地図

関連情報